東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <...

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

交差点の端から見た、新生「渋谷パルコ」

11月22日にオープンしたばかりの、新生渋谷パルコの紹介記事第2回目の今回。
(前回はこちら → 東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <1/3回>

クリエイティブな日本モードを中心にお届けします。


掲載店は以下(掲載順)、


イッセイ ミヤケ
コム デ ギャルソン(ジュンヤ ワタナベ マン、オム)
トーガ
アンダーカバー
ビューティフル ピープル
アンリアレイジ
カラー
A.P.C
ジョンローレンスサリバン
サタデーズ ニューヨークシティ
ヌビアン


どれもメンズ取扱店です。
前回と同じくアイテムのプライスは未掲載。
(すでに売り切れたものもありそう)
なにとぞご容赦を。
それでは。


★イッセイ ミヤケ

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

渋谷の名がうたわれた店。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

男性にもピンク推しです。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

ひと繋がりに見えるS字に曲がったラックがシンボリック。

なんとも贅沢な広々空間は、「イッセイ ミヤケ」のコンセプトショップ。
プリーツ服のメンズ、「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」と、幅広い層に大人気のバッグ「バオ バオ イッセイ ミヤケ」を中心にした品揃え。
内装は、プロダクトデザイナーの深澤直人さん。
天井の照明もラックに沿って曲がる線を描き、もはやギャラリーのよう。
建築好きも愉しめるかと。


★コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン、コム デ ギャルソン・オム 

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

写真の右がオムで、左がジュンヤの併設店。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

ニューバランスとのコラボはずっと続いています。どのシーズンもカッコいい。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

ザ・ノースフェイスとのコラボも同様。長年のパートナーシップを築いてます。

ノスタルオヤジとしてはですよ、渋谷パルコには「コム デ ギャルソン」がないと落ち着かないんですよ。
期待通りに、オムもジュンヤも顔を揃えてくれました。
オムのファッションデザインも、渡辺淳弥さんの仕事なんです。
日本の男モード、ここにあり。


★トーガ

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

エスカレーター横の開放的で入りやすい店構え。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

おっ、これはっ。「アウトドアプロダクツ」とのコラボバッグです。
私はリュック(青)、トート(オレンジ)をゲットして絶賛愛用中。

ファッショニスタ御用達のモードブランド、「トーガ」。
ひとクセあるデザインなうえに、立ち位置も独自路線。
その素晴らしさのわりには、知る人ぞ知る存在かもしれません。
この店ではメンズの「トーガ ビリリース」も展開中。
上写真の男女兼用バッグは、買って損ナシのオススメ品です。
なにせ半年前の展示会で惚れ込んで2個もオーダーし、手元に届いてからずっと使ってますから。
Pen ONLINEでのバッグの紹介記事は以下、


Topics ファッション連載:着る/知る
Vol.64 バッグくらい大胆に! デザイナーズ ✕ 定番カジュアルのコラボを服装に一点投入。

News
ポップな顔で大容量、「トーガ ✕ アウトドアプロダクツ」はこの秋の必需品です。


★アンダーカバー

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

雑貨も含め全ブランドが揃うトータルショップ。

「アンダーカバー」も大きな構えの店を展開。
私としては今季ラインアップ以上に、“大人&アート”に振り切った2020年春夏メンズが並ぶ日が楽しみなのです。
その紹介は以下、


From Creators
元祖・自撮り女王、シンディ・シャーマンが服にバッグに!


渋谷パルコは11月下旬オープンですから、どの店も並んでいるのは2019年秋冬モノです。
来年1月までの1ヶ月半しか、売りどきがないことになります。
「誰もがアイテムの調達に苦慮したのでは?」
と、余計な心配をしてしまいましたよ。


★ビューティフル ピープル

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

インダストリアルなメタル使いとクリアな照明のコントラストがユニーク。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

2体の奇妙なマネキンは、塗装して完成させる前の製造過程だそう。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

新しいショッパーもグッド! これほしさで、なにか買う人もいそうですね。

女性にはお馴染みの人気ブランドが、アーティスティックな内装をひっさげて出店。
メンズも少しあります。
細長く狭めの店ながら、抜群のインパクトです。


★アンリアレイジ

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

どん! 超巨大ブレザーが出現。

「人を楽しませたい」という、デザイナー森永さんの思いが溢れる「アンリアレイジ」。
サイズ変形をテーマにした今季パリコレのショーにも登場したブレザーがお目見え。
ちゃんと布で仕立てられ、ボタンも特注のビッグサイズ。
着せたトルソーは実はバルーン構造で、縮小可能なのです。
見る価値アリです、間違いなく。


★カラー

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

すっきりと見やすいディスプレイ。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

バイヤー向け秋冬展示会には出てなかったポーターコラボを発見。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

アウトドア、ミリタリーなど、多様なミックスデザインが持ち味です。

トラッドやベーシックじゃ物足りない大人層に熱く支持される「カラー」。
シーズン毎に作風が大きく変化せず、フィット感は流行する以前からずっとルーズ。
近頃はかなりオーバーサイズでモード寄りではあるものの、大人が安心して着られるデザイン服も見つかるブランドです。


★A.P.C.

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

コンパクトで見やすい店内。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

ショップ限定のスウエットシャツ。

いま注目されているファッションのキーワードは、「フレンチシック」。
トレンド感のあるベーシックアイテムを手頃なプライスで展開する「A.P.C.(アーペセー)」も、よく話題にのぼります。
品揃えに加えるセレクトショップも多いですし、さらに人気が出そうな予感が。


★ジョンローレンスサリバン

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

渋谷パルコでもっともミニマルな部屋。

テーラリングを主軸にシャープでソリッドなモードを展開する「ジョンローレンスサリバン」も参戦。
近年はロンドンでショー発表を続ける彼らの、貴重な単独店です。
店の片側が全面鏡で、どこでも姿を映せるのはすごくいいですね。


★サタデーズ ニューヨークシティ

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

リラックスしたサーフカルチャーのテイスト。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

これが好きでした。「ポーター」ですが別注かなぁ? すみません調べられず。

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

縦型のこちらも使いやすそう。ビジネスシーンがよく似合うものの、デニム+Tシャツのラフな服装で持っても良さそう。

ジュングループが日本展開しているサーフ系カジュアルのこの店で、気になったのはふたつ。
ひとつは上記の「ポーター」のバッグで、もうひとつは店内に併設する小規模なコーヒーショップ。
17年に続き今年のジャパン バリスタ チャンピオンシップ(JBC)でも優勝した、無所属バリスタの石谷貴之さんがディレクションしてます。
15年の某ファッションイベントに参加してた石谷さんがつくった、天然ジュースとコーヒーを混ぜた爽やかドリンクでコーヒーの奥深さを知った者としては、つい思い入れしちいます。


★ヌビアン

東京に「渋谷パルコ」あり!超リニューアルでその存在感が浮き彫りに。 <2/3回>

ラグジュアリーストリートのパワー。

世界的に大ブレイク中のジャンルである「ラグジュアリーストリート」の各ブランド単独店は、渋谷パルコにありません。
意外にもというか、納得というか……。
同じファッションでも、地道な服づくりとは別路線の存在ですから。
とはいえ90年代の 「裏原宿」と同様に、大人もスルーできないファッション&音楽カルチャーです。
このジャンルで名が知られた東京のセレクトショップは、「GR8(グレイト)」、そしてこの「ヌビアン」(共に原宿)。
私も自分の感覚をシャッフルさせるべく、ときどき見に行きます。
同じ服を扱っていても、百貨店より “イケてる” 空気感は断然上ですから、気になる人はお見逃しなく。



今回の渋谷パルコ特集第2回目はいかがでしたか?
次回に更新する第3回目もぜひお付き合いくださいませ。
最終回では、雑貨、若いポップカルチャー、アニメ、そして「任天堂」に「カプコン」まで、“ザ・渋谷” な世界を探求して参ります。



写真 © 高橋一史

※この記事を紹介する目的以外の、まとめサイト、SNS、ブログなどへの写真の無断転載はご遠慮をお願いいたします。


from Creators記事一覧
www.pen-online.jp/creator