コルビュジエが暮らした、アパルトマンが修復され公開に。
文:髙田昌枝

コルビュジエが暮らした、アパルトマンが修復され公開に。

天井から自然光が入るサロン。バルコニーからブローニュの森が見渡せる。何度も塗り替えられた壁の色も、65年当時の色に戻った。photo:©FLC-ADAGP - Olivier Martin-Gambier

ブローニュの森を望む集合住宅の最上階2フロア。そこはル・コルビュジエが自ら設計し、30年の歳月を過ごした自宅兼アトリエだ。没後20年近くは建築事務所として使用され、改装された部分も少なくなかったが、このたび2年にわたる大規模な修復工事が終了。ル・コルビュジエが存命していた1965年当時の姿が甦...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
コルビュジエが暮らした、アパルトマンが修復され公開に。