Feature Fashion 『光石研の東京古着日和』第4話は、トラッドの新たな聖地「ブルックス ブラザーズ 表参道」を訪れました。

『光石研の東京古着日和』第4話は、トラッドの新たな聖地「ブルックス ブラザーズ 表参道」を訪れました。

写真:森山将人(TRIVAL) 文:佐野慎悟

PenのYouTubeチャンネルで展開している、話題のオリジナルドラマ『光石研の東京古着日和』。今月24日に公開された待望の第4話では、光石さんが20代の頃から憧れている「ブルックス ブラザーズ 表参道」へ。劇中で光石さんが手にしたアイテムや、新たに生まれ変わったトラッドの聖地の魅力に迫ります。

『光石研の東京古着日和』第4話は、トラッドの新たな聖地「ブルックス ブラザーズ 表参道」を訪れました。

攻めのオーバーサイズを狙うか、絶対に外さない王道か。ポロカラーシャツのサイズ選びをめぐる光石さんの心の葛藤は、どのような決着を見せるのか。詳しくはPenのYouTubeチャンネル(Pen magazine)にて。

『光石研の東京古着日和』第4話。光石さんはデッドストックのデニムパンツに合わせるシャツを探しに、オープンしたばかりのブルックス ブラザーズの新店舗を訪れる。光石さんが20代の頃、ブルックス ブラザーズは若者にとって少しハードルが高く、その当時青山通り沿いにあった青山店の前を行ったり来たり。そして勇気を振り絞ってから入店していたと回想する光石さん。日本を代表する名優と呼ばれるようになったいまでも、やはり若干ドギマギ感を隠しきれていないのはご愛嬌。とは言え、お店に入る前から、光石さんのお目当ては既に決まっているようだ。アメトラ・スタイルには欠かせない、永遠のマスターピースである〝ポロカラーシャツ(ボタンダウンシャツ)″だ。20代の頃から慣れ親しんだ名品を新調しようとする光石さん。今回はブランドアンバサダーである大平洋一さんの指南を受けながら、モダンにアップデートされた新時代のアメトラに出合う。

【関連記事】
 特集「東京古着日和。」
『光石研の東京古着日和』とは?
“聖地”ブルックス ブラザーズ 青山で最後の買い物を愉しむ。

1 / 3p
Feature Fashion 『光石研の東京古着日和』第4話は、トラッドの新たな聖地「ブルックス ブラザーズ 表参道」を訪れました。
Feature Product ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。
Feature Product ティファールのアクセススチーム プラスが叶える、森岡書店・森岡督行の豊かな朝時間。