ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッショ...

ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッションアイコンだった理由。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 「ブルックス ブラザーズ」のボタンダウンシャツ

誰もが15分なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう——ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルの有名な言葉です。1960〜80年代に大活躍したウォーホルは、キャンベル・スープ、マリリン・モンローなどの作品で知られ、20世紀を代表する巨匠のひとりと言われています。絵画だけでなく、音楽や映画などのプロデュース、雑誌まで発刊するなどマルチメディアアーティストの先駆けとなった人物です。また、ウォーホルはファッションアイコンとしても知られ、多くのパーティやイベントで撮られた写真が残されています。意外にも着こなすアイテムはベーシックなデザインの名品ばかり。ボタンダウンシャツ、ジーンズ、ローファーなどが、銀髪のかつらをかぶった彼の手にかかると、まるで彼の作品のような斬新で、ポップなアイテムに見えてくるから不思議です。そんなアンディ・ウォーホルが愛した名品をひも解いてみましょう。

アメリカで栽培された超長綿のスーピマコットンを使い、アメリカ国内の工場で縫製されたモデル。2016年にリニューアルし、よりアーカイブに近いデザインにリニューアルしました。襟の芯地をソフトに、カフスを小さめにデザインするなど、改良が加えられています。¥20,520(税込)/ブルックス ブラザーズ

ブレザーにジーンズとボタンダウンシャツを合わせていたアンディ・ウォーホル。その彼が着ていたボタンダウンシャツはアメリカを代表するブランド、「ブルックス ブラザーズ」のものでした。「ブルックス ブラザーズ」の歴史を記した書籍『GENERATION of STYLE』ではアンディを代表的な顧客のひ...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッショ...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。