Feature Fashion 40年の歴史に幕を下ろす、“聖地”ブルックス ブラザーズ 青山で最後の買い物を愉しむ。

40年の歴史に幕を下ろす、“聖地”ブルックス ブラザーズ 青山で最後の買い物を愉しむ。

写真:齋藤誠一 文:小暮昌弘

アメリカ国外で初の店舗として、1979年に誕生したブルックス ブラザーズ 青山。この夏、ビルの建て替えに伴ってその歴史にいったん幕を閉じることとなった。閉店を目前にした8月のとある日。同ブランドを愛し続けるフリー編集者の小暮昌弘さんと、最後の買い物に訪れた。

40年の歴史に幕を下ろす、“聖地”ブルックス ブラザーズ 青山で最後の買い物を愉しむ。

ブルックス ブラザーズ 青山が世界で20番目のブルックス ブラザーズとして東京にショップをオープンしたのは1979年、いまから41年前のことだ。もちろん海外初出店。青山通りに面し、売り場面積約120坪を誇る巨大な店舗は日本の旗艦店となった。外観に御影石を使った壮麗な建物で、上陸から40年以上経...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
Feature Fashion 40年の歴史に幕を下ろす、“聖地”ブルックス ブラザーズ 青山で最後の買い物を愉しむ。