『孤独のグルメ』の聖地巡礼を続けてきて、気づいたこと

  • 文:絶対に終電を逃さない女

Share:

  • Line
Ⓒテレビ東京

昨今、ドラマの放送中や放送後に感想や考察をツイートし、視聴者同士で共有する文化がすっかり定着したが、『孤独のグルメ』も例外ではない。複雑なストーリーがあるドラマではないので“考察”はあまり見ないが、短い感想や、五郎が発したパワーワードの字幕付きキャプチャ画像などが多い印象で、特に聖地巡礼をした人のツイートには多くのいいね・RTが付いている。そうした中で一定数見られるのが、五郎が食べた料理を家で再現してみたという写真ツイートだ。特に第9話はシンプルな焼肉定食という、素人でも作りやすいメニューだったため、比較的多く見られたように思う。

そこで、ほぼ毎回聖地巡礼をしてきた当連載だが、今回は福島県郡山市と遠方ということもあり、自宅で似たものを作ってみることにした。

五郎が焼肉定食を食べたのは、郡山市の国道沿いにある「舞木ドライブイン」。大きなダクトが「モウギドライブイン」のネオンサインに被って「モウギ」が読みづらいのも愛らしく思えるレトロな外観だ。そこで五郎がノスタルジーに浸りながら食べた「焼肉定食」と「和風オイル焼肉」の単品を再現するべく、スーパーで豚バラ肉とピーマン、ナスを購入。豚バラ肉はにんにくと醤油、酒、砂糖などで適当に味付けし、ピーマンは半分に切り、ナスも縦に半分に切って皮に切り込みを入れ、一緒にフライパンで焼く。並行して味噌汁を作り、茶碗にご飯をよそう。

Twitterではかなり再現度の高い写真をいくつか見かけたが、それに比べたら私の焼肉定食はかなり再現度が低い。焼肉定食のキャベツもないし、味噌汁も野菜たっぷりではない。ナスとピーマンが乗っているのは和風オイル焼肉の方なのに、和風オイル焼肉自体は作っていない。味に関しても、お店のレシピがわかるわけではないし、私は料理が得意なわけでもないので、平均的な家庭料理レベルを超えることはない。

image0.jpeg
筆者による「焼肉定食」

---fadeinPager---

意外と簡単ではない「明日何を食べるか」

しかし重要なのは、そこではない気がしている。これまでSeason9の聖地巡礼をしてきて思ったこと。それは「明日何を食べるか」を決めてもらえることが、『孤独のグルメ』の良さの一つなのではないか、ということだ。社会生活を送りながら何を食べるかを決めるのは意外と簡単ではない。私の普段の食事はというと、外食でも自炊でも、食べたいものがパッと思い付かず、その都度考えたり調べたりして決めることに、地味に疲れている。だから、放送を見て自然と食欲を刺激され、特定の食べ物を食べたいと思い、実際に食べることは充実感があるだけでなく、楽なのだ。

『孤独のグルメ』でTwitterを検索すると、各回の放送前後には実際に登場したお店に行く人も多いが、例えば「とんかつを見て食べたくなったから」と自宅から近いとんかつ屋に行くなど、別の店で同じ料理を食べる人も多いことがわかる。同様に再現とまではいかなくても同じ料理を自炊する人も少なくない。それらを見ていると、私と同じように、何を食べるかを簡単に決められることに助かっている人は、案外多いのではないかと思えてくるのだ。

例えば家族がいる人は、週末に何を食べに行くか相談して決めるのが面倒だったりもするかもしれない。そういった場合も『孤独のグルメ』を一緒に見れば、同じものを食べたくなり、「じゃあ明日は〇〇にしよう」と一緒に楽しく食べられる、そんな風景も浮かんでくる。

もちろん、五郎が行ったお店に行き、同じものを食べることや、自炊で忠実に再現してみる楽しさもあるだろう。しかしいずれにしても、下調べなどは一切せず自分の直感や気分だけに従って店を探し食事を楽しむスタイルを貫く五郎とは、真逆の行為である。五郎が行った店や食べたものを真似する時点で真の“孤独のグルメ”ではない、という矛盾を孕んでいるところが面白いなと思うのだった。

9-kooriyama.001.jpg
次回放送は9月10日(金)0時12分からスタート!Ⓒテレビ東京

絶対に終電を逃さない女

1995年生まれ、都内一人暮らし。ひょんなことから新卒でフリーライターになってしまう。Webを中心にコラム、エッセイ、取材記事などを書いている。『GINZA』(マガジンハウス)Web版にて東京の街で感じたことを綴るエッセイ『シティガール未満』、『TOKION』Web版にて『東京青春朝焼恋物語』連載中。
Twitter: @YPFiGtH
note: https://note.mu/syudengirl

連載記事

【第一話】『孤独のグルメ』の最新シーズンが始まったので、(事前)聖地巡礼をしてみた
【第二話】『孤独のグルメ』第2話の聖地巡礼レビュー。井之頭五郎に「攻めの姿勢」の大切さを学ぶ
【第三話】『孤独のグルメ』第3話の聖地巡礼レビュー。東麻布で外国料理店のもつ“力”を感じる
【第四話】『孤独のグルメ』第4話の聖地巡礼レビュー。井之頭五郎の「デカちゃん」ぶりを思い知らされる
【第五話】新型コロナに感染した人間が、『孤独のグルメ』を見て思うこと
【第六話】『孤独のグルメ』第6話の聖地巡礼レビュー。半月ぶりの外食は「普段使いしたい」店で
【第七話】『孤独のグルメ』第7話の舞台は「貴州火鍋」。五郎の桁違いの体力に理解が追いつかない
【第八話】『孤独のグルメ』第8話の聖地巡礼レビュー。名物店主と焼きまんじゅうを高崎の街で味わう

Hot Keywords