食べておきたい名店から絶品レシピまで、餃子のすべてが丸わかり!

  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

どうして餃子という食べ物は、こんなにも我々を惹きつけるのか? 過去に掲載した餃子記事総まとめ!

意外と知らない餃子のルーツとは?

ce9c9b4d06d4ce356d86b436075008c0f59c190f.jpg
上:焼き餃子、中央左:蒸し餃子、中央右:茹で餃子、下:揚げ餃子

日本人にとって馴染みの深い餃子。だが、そのルーツははっきりとは解明されていないようだ。いまで言う餃子らしきものが、いち早く文献に登場するのは3世紀、中国は三国時代の書物に書かれている「餛飩(ホントン)」なる食べ物なのだとか。

【詳細はこちら】
餃子好き要注目! 意外と知らない起源や種類を徹底解説

食べなきゃ損! 半世紀以上も受け継がれる老舗の味

ac70dadc39e693ba943a8ebf2d0372d4233273d8.jpg
飯田橋にある「おけ以」。餃子¥570。以前は1人前7個だったが、現在は大きめで6個に。餡にしっかり味をつけてあり、そのままか、酢で食べるのがお薦め。

餃子の激戦地である東京において50年以上も営業し、かつ人気を呼んでいる老舗。そんな誇り高き名店がこだわり続ける”究極の味”を堪能してみよう。

【詳細はこちら】
一度はのれんをくぐりたい老舗餃子店はこの4軒!

---fadeinPager---

東京で究極の焼き餃子を堪能するならここ!

7420cdc8f2b2e65d33df21813fc36e1c69e653d8.jpg
「曽さんの店 代々木店」。小龍包の旨味をもつ餃子は、酢に黒コショウをたっぷり加えたタレで味わうのがお薦め。¥40プラスすれば、ライスとスープとザーサイが付く餃子セットが味わえるのもうれしい特典。焼き餃子6個¥570

おいしい餃子店が目白押しの東京。中でも定番の焼き餃子は人気店が多い。小籠包風の大ぶりな餃子や、華やかな三日月型の羽根付き餃子など、誰もが虜になること間違いなしの名店が勢ぞろい。

【詳細はこちら】
肉厚の皮がモチモチッな、東京の焼き餃子3軒
旨味を追求した、究極の焼き餃子4軒

やわらかい皮と旨味のつまった餡がたまらない、水餃子の名店

DMA-09_NO_7174.jpg
「神楽坂 芝蘭」の水餃子はピリッと辛いゴマダレ風味のソースをかけて食べるスタイル。水餃子辛味ソース10個¥800。ひと口でスルッと食べられる。砕いたカシューナッツの食感もアクセントに。

焼き餃子ほどの国民的食べ物ではないけれど、食感や多彩な味で根強いファンをもつ水餃子。本場・中国式から日本独自のものまでを厳選してご紹介。

【詳細はこちら】
ノド越しと旨味を楽しむ、水餃子の名店4軒
都内で水餃子を食べるならこの5軒!

---fadeinPager---

関西も負けていない!大阪&京都の実力派

8b155d09249aea37e8baf25d9c216223f678ea71.jpg
心斎橋の「南平」。1日1500個を仕込む大阪名物ひと口餃子。1人前15個¥700。女性でも2〜3人前はいける。片面をパリッと焼いた極薄の皮と、少量でも存在感抜群のスパイシーな餡が相まって後をひくおいしさ。

大阪や京都で餃子?と侮るなかれ。元来ニンニク入り餃子は大阪で誕生したという。全国区のあの店も京都発祥だ。関西の実力派店の味をご賞味あれ。

【詳細はこちら】
東京には負けられない、大阪の実力派餃子4軒
京都で餃子なら、この実力派3軒は外せない!

たまには変化球もアリ! ちょっと変わった逸品餃子

DMA-1_pairon-012_kakou.jpg
飯田橋にある「パイロン」。竹炭を練り込んだやや黒い皮で、ニンニクをまるごとひとつ包んだ黒龍餃子4個¥390

スタンダードもいいけれど、いろいろな味を楽しみたい!という人にお薦めなのが、変化球の変わりダネ餃子。個性あふれる逸品の味とは?

【詳細はこちら】
個性が光る、変わりダネ餃子3軒を食べ比べ!

---fadeinPager---

餃子×タンメンの名コンビ!“タンギョウ”がうまい店

DMA-01_NO_1768-1.jpg
木場の「來々軒」。タンギョウ¥1,180。単品だと、タンメン¥720、餃子5個¥460。餃子は持ち帰りもできる。

相性がいい、餃子とタンメンという絶妙コンビ。どちらもおいしいと評判の店を食べ歩き、そのおいしさの理由を探って見えてきたこととは?

【詳細はこちら】
絶妙コンビの”タンギョウ”がうまい店3選、おいしさの理由を探る

餃子を愛してやまない、餃子ラバーおすすめの一軒

c87daa640aad5b333a1e69d3f092c1290e423d40.jpg
角田光代のおすすめは東京・高田馬場にある「餃子荘ムロ」。写真の「ふつう」7個¥650のほか、ニンニク(ひとかけら入り)、チーズ(エダムチーズ入り)、カレー、紅(唐辛子入り)などが揃い、選ぶ楽しみもある。

半月状の食べ物に魅入られた餃子好きの著名人にとっておきの一軒を聞いた。餃子好きは多けれど、ここまで熱く語ることができるのは、餃子への愛にほかならない。

【詳細はこちら】
餃子ラバー、角田光代が教える珠玉の一軒
音楽プロデューサー・田中知之が教える、水餃子の美味い店
餃子愛が止まらない! 鈴木砂羽がいちばん推したい一軒

---fadeinPager---

おうちで絶品餃子!“餃子の王様”直伝のレシピ

DMA-20_NO_0824.jpg

〝餃子の王様〟の異名をもつパラダイス山元さんによる絶品レシピ。常に試作を重ね、進化し続ける餃子のつくり方を惜しげもなく伝授!

【詳細はこちら】
〝餃子の王様〟が教える、絶品餃子レシピ
技ありタレで、餃子の世界はもっと広がる!


Hot Keywords