映画『ファースト・マン』から見る、アポロ計画に欠かせな...

映画『ファースト・マン』から見る、アポロ計画に欠かせなかったアイテム

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 サッカニーのスニーカー

2018年、『ファースト・マン』という1969年7月20日にアポロ11号による月面着陸を成功させた、人類史上に残る偉業を克明に描いた映画が公開されました。同作品の監督は、『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞監督賞を獲得したデイミアン・チャゼル。主演はその『ラ・ラ・ランド』で彼とコンビを組んだライアン・ゴズリングです。ちなみに『ファースト・マン』は、第91回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しています。

タイトルの“ファースト・マン”とは月に降り立ったアポロ11号のニール・アームストロング船長のことで、この映画では彼の視点を通してアポロ11号の過酷なミッションが描かれるほか、家族との生活や仲間との別れといった彼の日常のきびしさも触れられています。最近の映画には珍しく、デジタル技術をあまり使わずに撮影した映像は迫力満点。舞台となった時代のシンセサイザーやテルミンなどを使った音響も素晴らしく、ぜひ大画面で楽しんで欲しい映画です。

今年は、アポロ計画の偉業からちょうど50年のアニバーサリーイヤー。2019年7月から『ファースト・マン』のDVDなどがリリースされていますが、当時の宇宙計画にご興味ある方は『ライトスタッフ』(1983年)、『アポロ13号』(1995年)、『ドリーム』(2015年)、『アポロ11号 完全版』(2019年)などもオススメです。今回は『ファースト・マン』におけるアポロ計画で使われた名品を解説します。

アメリカ最古のアスレチックシューズブランドである「サッカニー」を代表するモデルが、この「シャドウ オリジナル ヴィンテージ」です。レトロなムード漂うデザイン、独特な波形のサイドラインが特徴としてあげられます。1985年に登場したモデルですが、当時を彷彿とさせるカラーリングも洒落ています。¥10,260(税込)/サッカニー

1969年7月20日、アポロ11号の着陸船イーグルから月面に降り立った際、ニール・アームストロングが有名な言葉を発します。


「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」

『ファースト・マン』でもその言葉は使われていますし、粉が敷かれているかのような月面にニールの靴の足跡が残されるシーンも再現されています。実際にその靴を製作していたのがアメリカの「サッカニー」というシューズブランドです(厳密には「サッカニー」が買収される前の「A・R・ハイド・アンド・サンズ」社製。後に社名を「サッカニー」へと変更)。
「サッカニー」は1898年、アメリカのペンシルバニアで創業されました。ブランド名は工場の近くにあったサッカニー川に由来します。1900年前半からスポーツ選手のためのランニングシューズなどを製作するようになり、1960年代になると拠点をマサチューセッツのケンブリッジに移して活動を続けますが、この時期に宇宙飛行士用の靴を生産していたのです。
今回紹介するのは、月面着陸用靴のヘリテージを思わせる、同ブランドにおけるランニングシューズの長い伝統を受け継ぐスニーカーの「シャドウ オリジナル ヴィンテージ」です。1985年に登場して以来、ロングセラーを続けているモデルで、「ジャズ」に並ぶ同ブランドの象徴と言えます。クラシックな佇まい、トライアングル状のソール、安定性のあるヒール部分のデザインなど、スポーツ用としてもタウン用としても履ける一足です。

一目で「サッカニー」の靴だとわかる波形のライン。ラインのなかには穴が3つ空いています。

ヒール部分にメッシュ素材が採用され、これがデザインのポイントになっています。安定性のあるヒールも、このモデルの特徴のひとつです。

こちらはシャドウのオリジナルモデルをアップデートさせた「シャドウ6000」です。クラシックなテイストはそのままに、機能などをレベルアップさせています。各¥10,800(税込)/サッカニー

問い合わせ先/サッカニー ジャパン TEL:03-3476-5674

映画『ファースト・マン』から見る、アポロ計画に欠かせな...