ダサ格好いい、『アメリカン・グラフィティ』に登場する青...

ダサ格好いい、『アメリカン・グラフィティ』に登場する青二才たちが着ていた王道服。

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 ワコマリアのボーリングシャツ

1962年の夏、あなたはどこにいましたか?……珠玉の青春映画として知られる『アメリカン・グラフィティ』(73年)のアメリカでの宣伝文句です。舞台は62年のカリフォルニア北部の地方都市。主人公はそこに住む高校生たち。卒業後の旅立ちを目前にした夕刻から夜明けまでの夏の一夜をグラフィティ(=落書き)のように綴った青春群像劇です。監督は、あの『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス。製作はフランシス・フォード・コッポラです。後に有名になるリチャード・ドレイファス、チャールズ・マーティン・スミス、ハリソン・フォードなどが出演。後に『アポロ13号』などの監督として大成するロン・ハワードも主役のひとりに名を連ねています。
彼らが身に着けているのは、ボタンダウンシャツにコットンパンツといったアイビーの王道スタイル、あるいはTシャツにジーンズといったロックンロールスタイル。映画全編に流れるオールディーズナンバーとともに、当時の“アメリカ”のファッションや風俗が見事に描かれた名画です。
今回は、そんな70年代の名画に登場したファッションアイテムを考えてみました。

オープンカラーの襟や切り替えのデザインなどは1950年代のボーリングシャツを意識したものです。素材はリヨセル100%で、ハリとコシがあり、ソフトな肌触りです。ポケットや生地の縫製も美しく、素晴らしい一枚です。¥28,080(税込)/ワコマリア

主人公4人のなかでも、テリー(チャーリー・マーティン・スミス)は、どちらかと言えば風采が上がらない若者です。近眼で分厚いメガネを掛け、何をやってもドジを踏んでしまう。スティーヴ(ロン・ハワード)から預かったクルマでキャロル(キャンディ・クラーク)をナンパすることに成功しますが、デートの途中でクルマが盗難に。コークハイに酔いつぶれてしまいキャロルに介抱される始末。でも女性にも友達にも優しく、まさに愛すべきキャラクター。学生時代、そういう友達が周りに必ずいたはずです。
そんなテリー、実は着ていたシャツがとても可愛らしく素敵でした。胸元で切り替えた2ブロックの配色がされたシャツで、1950年代あたりにつくられていたボーリングシャツの流れを汲むデザインです。珍しいと思っていましたが、同じようなイメージを備えたシャツを「ワコマリア」で発見しました。
チャコールグレーからライトグレーまで、3色を切り替えで見せる、1950年代調のオープンカラーシャツです。素材もテリーが着ていたシャツと同じく、ドレープが美しく、光沢があるしなやかな「リヨセル」というものが採用されています。
もちろん各所のサイズなどはアップデートされていますが、この素材や襟、切り替えのデザインは明らかにフィフティーズスタイルを意識したものと思われます。
ちなみに『アメリカン・グラフィティ』で、テリーは切り替えシャツにネイビーのパンツとホワイトバックスの靴をコーディネートしています。どこまでいっても憎めない彼の人柄を、この可愛らしいシャツが象徴しているような気がします。

ブランド名は「ヘンテコなマリア」という意味で、元Jリーガーの森敦彦氏と石塚啓治氏の2人が2005年に創業したブランドです。

グラデーションのように、グレーの生地を丁寧に縫い合わせた身頃がこのシャツの大きな特徴です。他にグリーン、オレンジの3色を展開しています。

「リヨセル」という素材は、自然や人体に無害な溶剤に木質パルプを溶かし、紡績した糸でつくられています。ソフトな風合いをもち、光沢があり繊維が柔らかいので、ドレープがきれいです。

問い合わせ先/パラダイストウキョウ TEL.03-5708-5277

ダサ格好いい、『アメリカン・グラフィティ』に登場する青...