昭和を彩ったレジェンドたちの生きざまを映した愛用品

昭和を彩ったレジェンドたちの生きざまを映した愛用品

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) イラスト:阿部伸二(karera)


独自の審美眼を貫いた日本のレジェンドたち。俳優から作家、思想家、建築家まで、彼らが身に着けた愛用品から、その生きざまも見えてくる。


高倉 健 × バラクータのG9

高倉健──1956年に銀幕デビュー、『網走番外地』シリーズをはじめとして数々の作品に出演、2013年に文化勲章まで受章した名優だ。『高倉健、その愛。』(文藝春秋刊)によれば、彼のストレス解消法がショッピングで、ファッションブランドや現地のメンズショップ事情にも通じていたとある。

そんな高倉が出演作の中でもプライベートでも愛用したのがブルゾンの名品、英国のバラクータの「G9」。スタンドカラー、ショート丈のこのブルゾンはゴルフ用として1948年に誕生したもので、“G”はゴルフを指す。高倉が鳶職役で主演した77年放映のテレビドラマ『あにき』では色違いで何着ものG9を着こなしていた。高倉が着ると、英国の名品がさらにシブさを増した。


伊丹十三 × ジョルジオ アルマーニのセーター

映画監督にして俳優、エッセイストでCM作家、イラストまで描く。伊丹十三は多彩な顔をもつ、まさに天才だ。伊丹はすべてにわたってこだわった男。ファッションにしてもオーストリア製ローデンコートから、放出品のアーミージャケット、麻布のテーラー池田屋で仕立てたチャイナ服まで、独自の審美眼で愛用品を選び抜いた。

そんな彼のお眼鏡に適ったデザイナーがジョルジオ・アルマーニ 。『メンズプレシャス 2018年冬号』では愛媛県松山市の「伊丹十三記念館」に所蔵されたジョルジオ アルマーニのセーターを掲載。縦のストライプ柄のクルーネックで、着込んだのか、肘にエルボーパッチが付いている。縫い目を見るとお手製。誰が繕ったのだろうか。


白洲次郎 × スウェイン・アドニー・ブリッグの傘

第2次世界大戦後、アメリカ占領下の日本で首相吉田茂の側近としてGHQ最高幹部と渡り合い、GHQから「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた男が白洲次郎だ。

ケンブリッジ大学に留学、流暢なクイーンズイングリッシュを話すまさにジェントルマン。ファッションについても、ヘンリー・プールのスーツ、ジェームス ロックのソフト帽、ジョン・ロブの靴など、英国製の老舗で選んだものがほとんど。そんな白洲が愛用したのが、スウェイン・アドニー・ブリッグの傘。1750年創業の革工房スウェイン・アドニーと傘づくりで知られたトーマス・ブリッグが合併した会社で、“傘のロールスロイス”とも称される。白洲は柄にウイスキー入れを仕込んだ傘を特注したこともあるらしい。


【関連記事】

松任谷由美のコンサートでも着た、トム ブラウンのスーツ【加藤和彦編】

1 / 3p
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来