移し、写し、映し、遷し、生へと向かう創造の瞬間。

『内藤礼 うつしあう創造』

金沢21世紀美術館

移し、写し、映し、遷し、生へと向かう創造の瞬間。

川上典李子 エディター╱ジャーナリスト

『精霊』2009年 神奈川県立近代美術館 鎌倉 「内藤礼 すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」 写真:畠山直哉

無題 2020年 会場となる美術館で撮影された本展イメージ(展示作品は異なる)。館の特徴であるガラス天井と大小多彩な展示室が活かされ、日中は自然光のみ、日没後には本人作品である明かりが灯る。天候により変化し、時間の経過で移ろう光とともに満喫したい。夜間開館もある。 写真:畠山直哉

移し、写し、映し、遷し、生へと向かう創造の瞬間。