言語はいかにして消えるのか? 30年の過程を追った貴重...

最期の言葉の村へ 消滅危機言語タヤップを話す人々との30年

ドン・クリック 著 上京 恵 訳

言語はいかにして消えるのか? 30年の過程を追った貴重な記録。

大石高典 文化人類学者

地球上にある約6000の言語のうち、40%弱にあたる言語が絶滅の危機に瀕している。珍しい言語の消滅は注目を集めやすいが、言語を話す人間そのものにフォーカスすることは少ない。文化人類学者の著者は、ある言語がなぜなくなるのか、ではなくどのようにしてなくなるかを問うべきだと考え、人間に焦点を当てた。...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
言語はいかにして消えるのか? 30年の過程を追った貴重...