貧困地区に住む若者の未来を考えた、 美味しくてためになる「フルーツ&ナッツバー」

  • 文:仁尾帯刀

Share:

SÃO PAULO サンパウロ/ブラジル

7-saopaolo_GerandoFalcoes+Nestle-7366.jpg

ブラジルの根深い貧困に取り組むべく、ネッスルが売上の100%を慈善団体に寄付する「フルーツ&ナッツバー」(各5.09レアル)を発表し、ネット販売を開始した。

貧困世帯出身の社会活動家エドゥアルド・リラが率いるNGO「ジェランド・ファルコンエス」は、おもにサンパウロ大都市圏のファベーラ(貧困地区)を多角的に支援。なかでも若者への教育とその社会進出に重点をおいた活動が注目されている。この企画は開発時から複数のファベーラのリーダーが関わり、販売する商品をフルーツ&ナッツバーに決めた。パッケージデザインもファベーラの若者が考案している。

www.nestle.com.br

【関連記事】

7月.jpg

SÃO PAULO サンパウロ/ブラジル

抽象画の先駆者として世界が認めた、「マナブ間部(まべ)」を知っているか?

5月.jpg

SÃO PAULO サンパウロ/ブラジル

アマゾンの新たな一面を映した写真展を開催。そこに込められた思いとは?

3.jpg

SÃO PAULO サンパウロ/ブラジル

ブラジルの日本人街に突如現れた、“クールな黒だるま”とは?

※この記事はPen 2022年10月号より再編集した記事です。