アマゾンの新たな一面を映した写真展を開催。そこに込められた思いとは?

  • 文:仁尾帯刀

Share:

  • Line

SÃO PAULO サンパウロ/ブラジル

6-amazonia-3437.jpg
photograph by Tatewaki Nio

世界的に著名なブラジル人写真家、セバスチャン・サルガドの新作写真展『アマゾニア』(~7/10、無料)が開催されている。展示されているのはアマゾンの自然と先住民をテーマにした写真約200点。約7年をかけて撮影されたという。自身が「この企画はアマゾンの新たな一面を表した」と語る通り、ジャングル奥地の山脈や滝の空撮写真など貴重な写真が多い。

アマゾンといえば、経済を優先する現政権下で森林伐採が進み、国内外から批判されている。政権交代による森林管理の再強化を望むサルガドは、作品に森林保護への思いと政治批判を込めたことを明らかにしている。

www.sescsp.org.br

【関連記事】

7-ヘルシンキ 編集済み.jpg

HELSINKI ヘルシンキ/フィンランド

木材の香りとデザインに癒やされる、「新しい森」にいる感覚のイベントホール

5-_61A2231 編集済み.jpg

NEW YORK ニューヨーク/アメリカ

一般の立ち入りが禁止されていた島で、極上のサウナと摩天楼を堪能する

4-FL_Tulip_salmon_prince 編集済み.jpg

AMSTERDAM アムステルダム/オランダ

「緑の都市」をメインテーマとした、世界最大の園芸博覧会の見どころとは?

※この記事はPen 2022年6月号より再編集した記事です。

Hot Keywords