ブラジルの日本人街に突如現れた、“クールな黒だるま”とは?

  • 文:仁尾帯刀

Share:

  • Line

SÃO PAULO サンパウロ/ブラジル

7-DarumaSP-1836.JPG
Photograph by Tatewaki Nio

東洋人街のリベルダーデ広場に突如、高さ2mの巨大な「だるま」が現れた。グラスファイバー製の黒いだるまは、ジャパン・ハウス サンパウロの企画「#DARUMAJHSP」で制作されたもので、3月末まで市内6カ所の主要広場で巡回展示される。

だるまの屋外展示には、親日家の多いこの街でのさらなる日本文化普及の意図があるが、コロナウイルスのパンデミックなど昨今の厳しい局面を乗り越えるため厄払いの願いも込められている。日本への渡航が難しいなか、だるまの土台にあるQRコードから日本各地に伝わる「だるま文化」が閲覧できる。アフターコロナに向けて、日本との関係強化が期待されている。

【関連記事】

5-_DSF1153.jpg

MILAN ミラノ/イタリア
アムス名物の「飾り窓」を郊外に移し、大型エロティック・センターを建設!?

3-A House for Artists by APPARATA. Photo credit_ Ståle Eriksen_(4).jpg

LONDON ロンドン/イギリス
アーティスト専用レジデンスが誕生、「地域とアートの融合」で街が変わる

4-13_FENDI Milano Galleria Boutique_Men_s area floor 1.jpg

MILAN ミラノ/イタリア
ラガーフェルドのモチーフも冴える、ガレリアに誕生した新ブティック

※この記事はPen 2022年4月号より再編集した記事です。

Hot Keywords