【Penが薦める腕時計、今月の3本】“型破りなダイヤル配置”が、圧倒的な個性と存在感を放つ

  • 写真:渡邉宏基
  • 文:並木浩一

Share:

1.HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)

プロジェクト Z15

watch01_020ok.jpg
自動巻き、ザリウムケース、ケース径42.2㎜、パワーリザーブ約65時間、ラバーストラップ、10気圧防水、世界限定300本。¥2,970,000/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション TEL:0120-346-376

上から時・分・秒の表示を独立させたレイアウトで、時計師が製作中に精度を調整するための伝統的な規準時計=レギュレーターのスタイルを採用。秒針をレトログラード式にすることで、円軌道では描けない大胆な運針を可能にした。軽量で耐蝕性に優れる特殊合金ザリウムを用いた「プロジェクト Z」シリーズの第15作。

2.JAQUET DROZ(ジャケ・ドロー)

グラン・セコンド スケルトン プラズマセラミック

watch02_065ok.jpg
自動巻き、プラズマセラミックケース、ケース径41.5㎜、パワーリザーブ約68時間、ファブリックストラップ、3気圧防水。¥2,827,000/ジャケ・ドロー ブティック銀座 TEL:03-6254-7288

12時位置の時分針よりはるかに長い大秒針(グラン・セコンド)が下部でダイナミックな円弧を描き、吉数である8や無限のシンボル(∞)を象徴する人気シリーズ。プラズマ加工でメタリックな光沢を得たセラミックをケースに用い、ダイヤルは洒脱なスケルトン仕上げ。

3.ROMAIN GAUTHIER(ローマン・ゴティエ)

インサイトマイクロローター

watch03_096ok.jpg
自動巻き、18KRGケース、ケース径39.5㎜、パワーリザーブ約80時間、アリゲーターストラップ、5気圧防水、世界限定10本。¥10,780,000/スイスプライムブランズ TEL:03-6226-4650

12時位置の時分表示とセンター小秒針を連結するふたつのダイヤルは、艶やかなグラン・フー(高温焼成)エナメル製。大胆なオープンワークを施した盤面から22Kゴールド製のマイクロローターがのぞくアヴァンギャルドなデザインは、比類なき圧倒的な個性だ。

---fadeinPager---

12時位置にオフセンターダイヤルを掲げる腕時計が脚光を浴び始めたのは、2005年頃のこと。円形ケースの中に、さらに半分ほどの直径のダイヤルを置くレイアウトは、斬新さで時計ファンの心を射抜いた。実は懐中時計の時代にルーツをもつデザインだが、時を超えてとびきりアヴァンギャルドに映ったのである。それから10数年を経て、この型破りなダイヤル配置は、いまや独自の地位を占め、コアな人気を得ている。

12時位置に長短針、6時方向に秒針をセットするのがスタンダードだが、上から時・分・秒と並べるレギュレータースタイルを採るモデルも存在する。いずれにせよ主流のセンター3針モデルとは、視線の流れが異なってくる。針の軌道をゼロ座標の中心に集中させずに縦配列することで、複数の図形によるプロポーションのダイナミズムをつくる。しかも上から下に情報を読み取っていくその身体性は、文字を縦書きする文化圏の人間にとっては自然でもある。

時分針をセンターから離す異形は、ムーブメントに余程の改良を施すか、ゼロからの製作となる。常識から逸脱した輪列配置のムーブメントゆえ、他に転用することが難しい。つまりは、汎用性を考えないワンオフの設計だ。既成概念にとらわれない独創的なデザインは、手元に自分だけの個性を添えてくれるはずだ。

並木浩一

1961年、神奈川県生まれ。時計ジャーナリスト。雑誌編集長など歴任し、2012年より桐蔭横浜大学の教授に。

関連記事