純米酒がもっと美味くなる 片岡宏之のふだん飲みレシピ

片岡宏之

1982年、東京出身。「リストランテ アルポルト」オーナーシェフ片岡護の長男として生まれる。父の仕事に憧れて料理の世界に飛び込み、「ドン アルポルト」から修業をスタート。2006年にイタリアへ渡り、トスカーナ、ピエモンテなどのリストランテで修業を積む。帰国後、東京・渋谷の「テオプロマ」にてパティシエ修業を積んだ後、現在は「リストランテ アルポルト」に勤務。メディア出演や料理教室など、活動の幅を広げている。

  • Recipe1
    にんにく香る明太カナッペ
    薄切りのパンに具をのせた、ひと口サイズのオードブル。
    ピリ辛の明太子と焼けたチーズ、そしてにんにくの香りが食欲をそそります。
  • Recipe2
    かつおのたたきアルポルト風
    和食でお馴染みのかつおのたたきを、片岡流にアレンジ。
    フレンチドレッシング&トマトとの相性のよさに、きっと驚くはず。
  • Recipe3
    皮目パリパリ 照り焼きチキン
    照り焼きのタレにバルサミコ酢を加えて、さっぱり味に。
    おしゃれな七味の使い方も、料理をおいしく見せるポイントです。
  • Recipe4
    海の恵 塩辛風味の酒蒸しボンゴレ
    味の決め手は、あさりと塩辛が生み出す濃厚な旨み。
    日本酒をクイッと飲みたくなる、オリジナルの和風スパゲッティに。

次号予告

ブルックス ブラザーズから始まった定番スタイル

やっぱり、アメトラでいこう。