純米酒がもっと美味くなる 片岡宏之のふだん飲みレシピ

皮目パリパリ 照り焼きチキン

皮はパリッと、身はジューシーに。バルサミコ酢が香る洋風ソース。

材料・2人分
  • 鶏もも肉
    300g
  • 小麦粉
    適量
  • にんにく
    1片
  • オリーブオイル
    大さじ4
  • 青ねぎ
    3本
  • [ A ] 合わせ調味料
  • バルサミコ酢
    大さじ2
  • みりん
    大さじ2
  • 醤油
    大さじ2
  • はちみつ
    大さじ2
  • 七味
    適量
  • 適量
  • 黒胡椒
    適量
作り方
1.
鶏肉の両面に塩と黒胡椒をふる。皮に小麦粉をつける。
2.
フライパンにオリーブオイルと皮付きのままつぶしたにんにくを入れ、鶏肉を焼く。鶏肉は皮目を下にして入れ、弱火で20分くらいじっくり焼くのがポイント。
3.
ボウルで[A]を混ぜ、合わせ調味料をつくる。青ねぎを斜め細切りにし、水にさらす。
4.
フライパンの油を捨て、肉をひっくり返し、鍋肌から合わせ調味料を流し込んで強火で加熱する。火が通ったら肉を取り出し、汁を煮詰めてソースをつくる。切った肉を皿に並べ、ソースをかけ、青ねぎをのせ、七味をふって出来上がり。
出来上がり

鶏肉を弱火でじっくりと焼くのは、皮から水分を抜きカリカリにするのと、身をふっくら仕上げるため。ソースにバルサミコ酢を入れることで、味が
洋風になるだけでなくさっぱりとした照り焼きになる効果が。七味は青ねぎと鶏肉の上だけでなく、お皿にも振ると見た目がグンとおしゃれに。

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。