【新旧名車を比較! Vol.5】アルファロメオ・ジュリア TI & ...

【新旧名車を比較! Vol.5】アルファロメオ・ジュリア TI & アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ

写真:小林俊樹 文:サトータケシ

手をかけて育てる楽しみのある「ちょっと古いクルマ」と、歴史とともに培われた技術力によって進化した「長く愛せる新車」。どちらも甲乙付けがたい魅力があふれているのは、よりよいクルマを目指して自動車エンジニアが注いだ情熱があるからこそ。新旧2台のクルマから、その情熱を感じてください。vol.5はアルファロメオ・ジュリア TIとアルファロメオ・ジュリア ヴェローチェが登場!


イタリアの名門が継承する、 “感動を与える”DNA

【新旧名車を比較! Vol.5】アルファロメオ・ジュリア TI  & アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ

左は「2017年式 アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ 」、右は「1962年式 アルファロメオ・ジュリア TI 」。盾型のエンブレムが備わるのがアルファロメオの伝統。ミラノ市章とヴィスコンティ家の家紋を組み合わせたものです。車両協力:左/FCAジャパン TEL:0120-779-159 www.alfaromeo-jp.com 右/ガレージ33 TEL:042-468-7433 http://garage33.jp

星の数ほどある自動車のネーミングのなかで、個人的に最も惹かれるのは1954年に登場したアルファロメオ・ジュリエッタです。社名とシェイクスピアの恋愛悲劇のタイトルを掛けるあたりが洒落ています。そしてジュリエッタの姉という位置づけで62年に発表されたのがジュリアです(ジュリエッタは“小さいジュリア”の意)。

ジュリアは、この時代の最先端を行くモデルでした。高度なDOHCエンジンは5速マニュアルトランスミッションと組み合わされ、デビュー時はドラム式だったブレーキもまもなく4輪ディスクブレーキに移行。サスペンションはレーシングモデル譲りの高度な形式で、つまり現代のスポーティモデルとなんら遜色のないメカニズムを半世紀も前に搭載していたのです。

【新旧名車を比較! Vol.5】アルファロメオ・ジュリア TI  & アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ

このモデルのヒットにより、アルファロメオは年産1万数千台の規模から10万台を超す量産メーカーに成長。素性のよさが認められたジュリアは、モータースポーツでも活躍しました。

【新旧名車を比較! Vol.5】アルファロメオ・ジュリア TI  & アルファロメオ・ジュリア ヴェローチェ

現在のアルファロメオのフラッグシップモデル。同社のセダンとしては25年ぶりにFR(フロントエンジン後輪駆動)を採用した、ファン待望の1台です。

1/3