“五味+α”が身体に優しい、蔵前のスリランカ料理店「セ...
写真:中庭愉生 文:岡野孝次

“五味+α”が身体に優しい、蔵前のスリランカ料理店「セレンディッブ」

セレンディッブ
蔵前
アーユルヴェーダに基づくスリランカカレー
現地産のビールや蒸留酒も揃う
酒にも合うスリランカのスナック

手前から時計回りにビーツのカレー、ライムの効いたケールのサンボル(和え物)、ナスのモージュ(甘酢和え)、ココナッツサンボル、ココナッツやスパイスと一緒にさっと炒めたキャベツのマッルン(蒸し炒め)、チキンカレー、ダール(レンズ豆)カレー。カレーと副菜は週替わり。真ん中にパパダン(豆粉のせんべい)も添えて。「スリランカプレート」は昼¥1,200(税込)、夜¥1,650(税込)

2020年10月に都営大江戸線・蔵前駅近くに開業した「セレンディッブ」は、昼どきになると行列ができる。お目当てはダールやビーツなど、6~7種のカレーや副菜がのった「スリランカプレート」。本場流によくかき混ぜて食べると、スパイシーだけではない複雑味の虜になる。キャベツの甘味に、鶏肉の旨味、ケール...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
“五味+α”が身体に優しい、蔵前のスリランカ料理店「セ...