私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──ワイン編

私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──ワイン編

写真:筒井義昭(人物)、青野豊(物) 文:高野知宏

ジャンルを超えて生み出される「ニッポンの美酒」が、日本各地で次々と生まれている。各界で活躍する著名人に、ジャパンメイドのお酒のなかから、家呑みを楽しくする愛飲の1本を教えてもらった。


年々進化が感じられる、エッセイストからのおいしい便り。

小山薫堂●放送作家、脚本家。「カノッサの屈辱」や「料理の鉄人」など多くの人気番組を手がける。初めて脚本を担当した映画『おくりびと』では日本アカデミー賞最優秀脚本賞など国内外の賞を受賞。くまモンの生みの親であることは有名。

小山薫堂さんが推す「ヴィニュロンズ リザーブメルロー 2011」の醸造元は、長野県東御市の「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」。オーナーはエッセイストの玉村豊男さんだ。

「2003年のオープン当初、ボルドーのプリムール(先物購入)のようなかたちの会員を募っていて、玉村さんのファンだった私は『玉村さんのこれからの人生を特等席で見させてほしい』と参加。以来約10年間、毎年、このワインが届きました」

玉村さんから届くおいしい便り。そのクオリティが、年々上がっていくことに喜びを感じた。

「樹は齢を重ね、栽培や醸造の技術も向上したのでしょう。毎年、進化している印象を受けました」

その味わいを薫堂さんは「優しい」と表現する。「以前はのどに引っかかるクセのある国産のワインもありましたが、玉村さんのワインは最初からスッと身体に入っていく、キレイな味でした」ワインの品質以上に薫堂さんが感心しているのは、玉村さんが後進を育成していることだ。

「栽培や経営を学べる講座を主宰され、そこの卒業生が長野でよいワインをつくっている。これは、日本のワイン界にとって大きな功績です」

日本ワインの未来を見据えた玉村さんの“種まき”。その成長がワインの味を押し上げる。

 

●ヴィニュロンズリザーブ メルロー 2011 
ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー【長野県】

オーク木樽での醸し発酵の後、約1年半熟成。エレガントな果実味の中に香辛料のような香りが溶け込み、やわらかさと深みを併せもつ。750ml ¥5,280(税込)/ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー TEL:0268-63-7373


1 / 3p
Feature Fashion サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。
Feature Fashion サステイナビリティをより"身近"にするために、ザ・イノウエブラザーズと持続可能なファッションについて考える。