目利きが選んだ、“飲み切りサイズ”の身近な店で買える旨い日本酒5選。

目利きが選んだ、“飲み切りサイズ”の身近な店で買える旨い日本酒5選。

写真:長谷川 潤 文:小松めぐみ

日本酒を“家飲み”する人が増えた最近は、四合瓶やワンカップなど、家庭の冷蔵庫にも収まりやすい飲み切りサイズの日本酒が増え、値段も手頃で買いやすくなってきた。そこで、東京・恵比寿の人気日本酒バー「GEM by moto」の店主で、日本酒のエキスパートとして幅広く活躍する千葉麻里絵さんが、ちょっといいスーパーやコンビニ、オンラインショップなど“身近な店”で買える飲み切りサイズの日本酒を5本セレクト。ちょっとした酒肴を用意して、自宅で気軽に日本酒と向き合ってみてはいかがだろう。


1.「特別本醸造 八海山」――zoom飲みのお供に最適な抜群の包容力。
2.「黒松剣菱」――レンジで瓶のまま1分温めればコクのある熱燗に。
3.「純米にごり酒 夢見るひつじ」――ひとり飲みにどんぴしゃサイズのカップにごり酒
4.「すず音GALA」――リモートワークの疲れを労わるドライなスパークリング
5.「しぜんしゅ純米原酒」――米の甘味がナチュラルに広がり、水炊きと相性抜群。
6.【番外編】「しゅわしゅわ木内梅酒缶」――日本酒の蔵が造る、食事にも合う梅酒。

千葉麻里絵●日本酒ソムリエ、恵比寿の日本酒バー「GEM by moto」店主。化学的知見をもとに、一人ひとりの“いま”に合った日本酒を提供。さまざまなジャンルの料理人とのコラボレーションから、日本酒体験に時間と空間と温度を取り入れた新しいスタイルを模索する。また、日本酒の提供に論理的アプローチを取り入れるべく「SAKEカルテ」を考案し、たくさんの人が楽しく日本酒に出合えることを目指している。今回のセレクトに関しては「コロナ禍で多くの酒蔵が商品のサイズを見直し、小瓶のバリエーションが増えました。そういった飲み切りの日本酒をご紹介したいと思います」。

1 / 7p
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。