目利きが選んだ、“身近な店”で買えるいま飲むべき日本酒5選。

目利きが選んだ、“身近な店”で買えるいま飲むべき日本酒5選。

写真:宇田川 淳 文:小久保敦郎

おいしい日本酒が揃う場所といえば、こだわりの店主がいる酒屋か、デパ地下が思い浮かぶ。では、身近なスーパーには飲むべき日本酒がないかというと、さにあらず。今回話を聞いたのは、東京・恵比寿の人気日本酒バー「GEM by moto」の店主で、日本酒のエキスパートとして幅広く活躍する千葉麻里絵さん。街中で手に入れやすい日本酒の中から、「これを選べば間違いなし」というお薦めの5本をセレクトしてもらった。日本酒が飲みたくなるいまの季節、ぜひ気軽に試してみてほしい。


1.「〆張鶴 純」――繊細な飲み口が読書のお供に最適。
2.「浦霞禅」――寄せ鍋をつつきながら楽しみたい安心の味。
3.「大七 純米生酛」――圧倒的な技術力が投影された“生酛造り”
4.「月桂冠 佳撰」――キンキンに冷やして盃を重ねよう。
5.「瑞祥黒松剣菱 」――古酒特有の濃厚な旨さが驚きの高コスパ!

千葉麻里絵●日本酒ソムリエ、恵比寿の日本酒バー「GEM by moto」店主。化学的知見をもとに、一人ひとりの“いま”に合った日本酒を提供。さまざまなジャンルの料理人とのコラボレーションから、日本酒体験に時間と空間と温度を取り入れた新しいスタイルを模索する。また、日本酒の提供に論理的アプローチを取り入れるべく「SAKEカルテ」を考案し、たくさんの人が楽しく日本酒に出合えることを目指している。今回のセレクトに関しては、「年間通してつくられているお酒が多いので、『フレッシュローテーション』がひとつのキーワード。酒販店さんとは違い、スーパーや量販店では商品が生産された日付を気にするのもアリかもしれません」。

1 / 6p
Feature Product 六角と円を絶妙に融合させた、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作「ROKU(ロク)」の力強い形。
Feature Product 六角と円を絶妙に融合させた、イッセイ ミヤケ ウオッチの新作「ROKU(ロク)」の力強い形。