悪ガキ4人組の名シーンを彷彿させる、武骨なミリタリーブーツ

悪ガキ4人組の名シーンを彷彿させる、武骨なミリタリーブーツ

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

「ミリタリーコレクション」に属する、ストレートチップタイプの「ミリタリーダービーブーツ」。素材は牛革のポリッシュドレザーで、ソールには英国製のラバーソールを採用し、伝統のグッドイヤー製法で仕立てられている。¥57,200(税込)/サンダース(グラストンベリー ショールーム)

映画『時計じかけのオレンジ』でギャング団「ドルーグ」たちが話すのは、「ナッドサット語」と名付けられた言葉。言語学者でもあった原作者のバージェスが創造した言語で、ロンドンの方言とロシア語とを組み合わせたものだが、映画の前半で、ナッドサット語で「アルトラ(超暴力)を放出する」と叫んだアレックスたちは郊外の邸宅に押し入り、暴力の限りを尽くす。

彼は名曲『雨に唄えば』を歌いながら、屋敷の主人を靴で蹴りつける。ドルーグたちが揃って履いているのは、黒のハイカットのブーツだ。この後、仲間同士で歩くシーンでも彼らのブーツが大写しになるが、英国出自の映画らしく、無骨でミリタリーテイストのモデルを履いていることがわかる。

このイメージに近いブーツを探してみた。サンダースのブーツはどうだろうか。サンダースは、英国靴の聖地ノーザンプトンで1873年、ウィリアム・サンダースとトーマス・サンダース兄弟によって設立された老舗。上の写真の「ミリタリーダービーブーツ」は、英国国防省のオフィシャルサプライヤーであった同社が所蔵していたミリタリーシューズのラスト(木型)をもとに製作した、「ミリタリーコレクション」の中の一足だ。

映画でアレックスたちが履いていたのはプレーントウのデザインだが、こちらはよりクラシックなストレートチップ。しかし、無骨で正当的な佇まいは、彼らが履いていたブーツと同じだ。英国の伝統的な手法であるグッドイヤー製法で仕立てられ、ポリッシュドレザーを使った素材が深みある光沢を放つ、まさに一生もののブーツだ。それは、この映画の永遠の輝きと同じものだと断言できよう。

サンダースは英国王室御用達(ロイヤルワラント)が授与されている名門で、そのことを示すエリザベス女王のクラウンが踵に刻印されている。

英国のイッツハイド社のコマンドソールを採用。クッション性もあり頑丈で、雨の日にも滑りにくい。

1873年に英国で創業した、歴史あるシューズブランド。いま今でも英国国防省向けにレザーシューズを提供、品質は折り紙付きだ。

グラストンベリーショールームTEL:03-6231-0213

悪ガキ4人組の名シーンを彷彿させる、武骨なミリタリーブーツ

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。