スティーブ・ジョブズが制服のように愛した、ハイネックの...

スティーブ・ジョブズが制服のように愛した、ハイネックのカットソー

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

マッキントッシュのパソコン、iPod、iPhone、iPadなど、数多くの革新的な製品を世に送り出し、アップルを世界のトップ企業へと導き、人々のライフスタイルを変えたスティーブ・ジョブズ。デジタルの業界ではまさに導師と呼ぶべき人物であるが、ファッション的には2014年に『ニューヨーク・マガジン』誌がトレンドに挙げた「ノームコア(normcore)」を象徴する人物として耳目を集めた。
ノームコアとは「ノーマル」と「ハードコア」とを組み合わせた造語で、「筋金入りの普通」と訳せばいいだろうか。ブランドが表には出ず、普通の人がごく普通に着るようなスタイルをいう。
ジョブズは11年に亡くなっているので、このトレンドを先取りしたわけではない。彼がいつも同じ服を着ていたのは、「今日なにを身に着けるかという選択に頭を使いたくなかったからだ」と、ジョブズは話す。しかし、毎日身に着けるためにジョブズが選んだものは、どれもこだわりと物語があるものばかり。そんなジョブズが溺愛したアイテムを、4回にわたって追っていこう。

コットン100%で、色は墨を連想させるブラック。オム プリッセ イッセイ ミヤケは、現代を生きる男性のための新しい日常着を提案するブランド。年齢、国籍、場面を問わず、あらゆる日常のかたちに寄り添い、シーズンを超えて自分だけのスタイルをつくり出すことができるデザインが特徴だ。¥38,500(税込)/オム プリッセ イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE INC.)

多くのポートレート写真、あるいはアップルの新製品のプレゼンテーションで、スティーブ・ジョブズが着ていたのは黒のタートルネックだ。その黒のタートルネックを着たジョブズが表紙になった本『スティーブ・ジョブズ』(ウォルター・アイザックソン著、講談社刊)には、こう書かれている。
1980年代、出張で日本に来たジョブズは、当時のソニー会長の盛田昭夫を訪ねた。そしてソニーの工場を見学した際、働く人々が制服を着ていることにたいへん驚く。実はその制服はデザイナー、三宅一生がデザインしたもの。裂けにくいナイロン素材でつくられた制服は、ファスナー留めの袖を外すとベストに変身する。
これに感動したジョブズは三宅一生に連絡して、アップルの労働者のための制服を依頼するが、出来上がってきたサンプルの制服が採用されることはなかった。しかし、制服的なアイテムは毎日着るのに便利で、特徴的なイメージも伝えられると、自分専用に制服を用意することを思いつく。

「黒のハイネックをつくってくれとイッセイに頼んだら、100着とか作ってくれたんだ。僕の服はこれだ。死ぬまで大丈夫なくらい用意してあるよ」と、前述の本には書かれている。

驚くことにオム プリッセ イッセイ ミヤケでは、彼が着ていたアイテムを彷彿させるモデルが、現在でもつくられている。素材は、40番手の太さを2本撚り合わせたコーマ糸で編まれた、天竺のコットン。墨のような黒いカラーを出すために何度も繰り返し試作を重ねた、特別なアイテムだ。前身頃のセンターに一本のステッチが走っている以外、どこにも装飾がない潔いデザイン。そのシンプルさに、日本の禅を愛したジョブズの姿が重なる。

襟のデザインは折り返しのない、いわゆるハイネックタイプ。

前身頃のセンターに入ったステッチが、デザイン上のポイント。

オム プリッセ イッセイ ミヤケは、2013年に誕生したブランド。三宅一生がチームとともに1988年に始めた「プリーツの仕事」で行ってきた、独自の素材・技術開発をベースにして生まれた。

ISSEY MIYAKE INC. TEL:03-5454-1705

スティーブ・ジョブズが制服のように愛した、ハイネックの...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。