フォーマルライクな衣装に身を包んだ「ドルーグ」を象徴す...

フォーマルライクな衣装に身を包んだ「ドルーグ」を象徴する、純白のサスペンダー

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

ターンブル&アッサーといえば、1885年に英ロンドンで創業した歴史あるブランド。いまでもチャールズ皇太子からロイヤルワラントを授かる老舗だ。フォーマルスタイルに欠かせないのが、このシルクのサスペンダー。¥33,000(税込)/ターンブル&アッサー(ヴァルカナイズ・ロンドン)

映画『時計じかけのオレンジ』で描かれた傍若無人な「ドルーグ」たちのスタイルを仔細に見ていくと、彼らはきわめて英国的な、しかも紳士的なアイテムを着こなしていることがわかる。それらを身に着けることは、この映画のもつ風刺的な側面を逆に際立たせる役目もあるが、このサスペンダーもそんなアイテムのひとつだ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
フォーマルライクな衣装に身を包んだ「ドルーグ」を象徴す...