江戸ワンダーランドが手がける「SATOYAMA創生プロジェクト」は、里...
PROMOTION

江戸ワンダーランドが手がける「SATOYAMA創生プロジェクト」は、里山再生も進み着々と江戸時代に戻っています。

文:Pen編集部

江戸ワンダーランドが手がける「SATOYAMA創生プロジェクト」は、里山再生も進み着々と江戸時代に戻っています。

桜の木が立ち並ぶお堀沿いにて。アファンの森財団理事長のC.W.ニコルさん(左)と、江戸ワンダーランド代表のユキ・リョウイチさん(右)。

——栃木県日光市にある、江戸時代の文化を再現したカルチャーパーク「江戸ワンダーランド 日光江戸村」(以下、江戸ワンダーランド)。この地を舞台に、江戸ワンダーランド代表のユキ・リョウイチさんと、自然環境保護活動の第一人者・C.W.ニコルさんが共同で取り組む「EDO-SATOYAMAプロジェクト(過去の記事はこちら)」をご存じでしょうか。人間の日々の営みには自然が不可欠という考えのもと、里山の再生を目指す取り組みです。里山とは、人と動物が互いに共存する生活になくてはならない自然環境のこと。一昨年にスタートを切った同プロジェクトはいま、どのように進んでいるのでしょうか。おふたりに話を聞きました。

ユキ プロジェクトがスタートした当初、この森には人の手がまったく入っておらず、鬱蒼としていました。しかし適切な間伐を行うことによって、森の中に光が入り、風も通るようになりました。その結果、森が育ち、野生の鹿やキジ、絶滅危惧種のヤマネなども現れるようになりましたね。

ニコル もともと、この山にはどんな種類の木があったかを調べて、たとえば動物が好むトチノキやクリを植えると、もっとたくさん戻ってくると思います。動物の排泄物には木々の種が含まれています。つまり、彼らが森にやってくると、一緒にさまざまな植物も運んできてくれるのです。

ユキ その中には、キノコの菌もありますよね。キノコは死んだ動物や落ち葉を分解してくれる力があるので、森をキレイにしてくれます。また、森では植物同士の助け合いも行われています。木は自らミネラルを摂ることができません。一方で、キノコは光合成ができず、糖分をつくることができません。だから地面のなかでは、木はキノコからミネラルをもらい、キノコは木から糖分をもらっているのです。

「EDO-SATOYAMAプロジェクト」は、里山を通して江戸時代のサスティナブルな生活を再現しています。江戸ワンダーランドでは、江戸時代の生活を熟知したスタッフによる自然ガイドや馬を用いた林業体験、さらには江戸野菜の再現や炭焼き体験など、来場者がさまざまなアクティビティを楽しめる施設づくりに取り組んでいます。

ユキ さまざまな体験の場を準備中ですが、なかでも炭焼き小屋づくりに注目してもらいたいと思います。炭焼き体験ができて、その炭で実際に火を起こすことができます。お茶を入れたり料理したり。そんな体験を楽しんでもらいたいですね。

ニコル 江戸時代には、小さな炭ひとつで魚が焼ける、七輪という素晴らしい調理器具が開発されましたね。日本の炭づくりはとても効率がよく、そして質がいい。おそらく、この森の中にも古い窯があるんじゃないかな。石を積み上げて炭窯をつくり直すといいのでは、と考えています。

ユキ 炭焼きの煙は、周辺の木々を虫食いから守ってくれるんですよね。新芽に付く毛虫も、この煙が苦手のようです。

ニコル いずれこの場所に炭窯ができて、馬がその炭を運ぶような、江戸時代と同じ風景が見られるといいですね。とってもワクワクしてきます。

1 / 3p