Feature Product ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。
PROMOTION

ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。

写真:オリヴィエ・バルディナ 文:髙田昌枝(パリ支局長)

新型コロナウイルスの影響で、自宅で料理する機会が増えた。いまパリジャンの間ではこれまで以上に食材への関心が高まっている。18区に住むヴァンサン・ロサンも、日頃から正しい食材選びを心がけているひとり。今日は、ルノー キャプチャーのハンドルを握って、こだわり食材の買い出しに出発。

ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。

流れるようなシルエットで、エレガンスと力強さを併せ持つルノー キャプチャー。パリの街並みにも溶け込む、洗練されたデザインが魅力だ。

テレワークや外出制限でぐっと増えたお家時間は、多くの人にとって日々の暮らしについて改めて考えるきっかけになった。パリでも、家族とともに3度の食事を家で作ることが多くなった昨春のロックダウン以来、食材と料理への関心は高まる一方だ。なかでも、卸市場を通さずに生産者から直接店に届くショート・フード・サプライチェーンを標榜する小売店や、パリ市内の工房で作られるハムやチーズなど、つくり手の顔が見える店の人気が上昇している。

日頃から料理の腕をふるうことも多いヴァンサン・ロサンは、老舗デザイン学校で教えている18区在住のパリジャン。デザインにも食にも自分らしいこだわりとスタイルをもつ彼は、今夜、家族とちょっと特別なディナーを計画中。生産者の気持ちの込もった物語のある食材を求めて、パリの3つのアドレスへ買い出しに向かう。買い物のお供は、白と黒の2トーンがスタイリッシュな、SUV、ルノー キャプチャーだ。

ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。

ゆったりしたトランクで、購入した魚介類や野菜も無理なく収納。パリのアパルトマンに特有の中庭の駐車スペースにも乗り入れられる、SUVながらコンパクトなサイズも、都市住民の味方だ。

1 / 5p
Feature Product ルノー キャプチャーで巡る、パリのこだわり食材店。
Feature Food 世界で評価される「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」。その魅⼒と味わい⽅を徹底解剖!
Feature Food 世界で評価される「キリン シングルグレーンウイスキー 富⼠」。その魅⼒と味わい⽅を徹底解剖!