Feature Product ルノー メガーヌ R.S.が、世界的に見ても希少なハイパフォーマンスカーである理由。
PROMOTION

ルノー メガーヌ R.S.が、世界的に見ても希少なハイパフォーマンスカーである理由。

写真:谷井功 文:サトータケシ

サーキットで速いクルマは、一般道を走っても楽しくてかつ安全だ──。こんなルノーの企業フィソロフィーを形にしたのがルノー メガーヌ R.S.である。“FF(前輪駆動)車、世界最速”と謳われるこのクルマのポテンシャルは、伊達ではない。

ルノー メガーヌ R.S.が、世界的に見ても希少なハイパフォーマンスカーである理由。

「R.S.」とは、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールを意味する。その名を冠するモデルは、F1を頂点とするサーキット直系のテクノロジーが注ぎ込まれているのだ。

ドイツのニュルブルクリンク北コースは、世界中の自動車メーカーがテストやタイムアタックを行うスポーツカーの聖地である。あるいは、マシンを鍛える道場と呼んでもいいだろう。
2019年4月5日、その場所でFF(前輪駆動)車の最速ラップ、7分40秒100を叩き出したのがメガーヌ R.S. トロフィーR。ノーマルグレードのメガーヌ R.S.をベースにリアシートを取り除くなどの軽量化を施し、さらには足回りと空力性能を強化したモデルだ。今回登場したのは、その両者の中間的な存在であるメガーヌ R.S. トロフィー。トロフィーRのDNAを宿しながらも定員5人の余裕のある空間をもつなど、日常使いにも適うモデルである。

1 / 4p
Feature Product ルノー メガーヌ R.S.が、世界的に見ても希少なハイパフォーマンスカーである理由。
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。