月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「P...

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

届いた! 郵便受けにっ。平たいボックスです。

今回の撮影場所はまたしても(またしても?)私の家ではないですけども。
外出自粛中の自宅に届いたのはホントです。


東京・中目黒に体験ショップ&オフィスを構える、「POST COFFEE」


2月6日にスタートした、月単位のサブスクのコーヒー豆デリバリーサービス。
ウェブサイト上の簡単なアンケートで客の好みの傾向を探り、
彼らが3銘柄を選んでボックスで配送するというもの。
意見をフィードバックすると、どんどん好みに近づくそう。

30種類用意されてる銘柄を指定してボックス注文するのは不可という、
なんともユニークな発想。


料金は月一回で送料無料の、¥1,480〜(税抜)。
(追加オーダー可能)
高いか安いかの見解はまたのちほど。


実はPen Onlineの私の食レポ記事をご覧いただいたPOST COFFEEのPR担当さんから、ご連絡をいただきまして。
「メディア向けのお試しサンプルありますよ」
と。

浅煎りシングルオリジン豆(スペシャルティ豆)を2週間以内の焙煎で買い、
淹れる直前にガリガリとグラインドするのが日常な者としてはですね、
「ぜひぜひ」
と。

浅煎りの酸味系が好み、とお伝えはしたものの、
「サンプルだからPOST COFFEEご自慢の銘柄のセットだろーな」
と考えてました。
ま、それはそれで、仕事目線でチェックできるから問題なし。


届いたら……、
しっかり私好みのラインアップでちょっと驚き。
さらに、
「え、こんな種類も入ってるっ」
と、楽しい気分に!

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

3銘柄の豆と、プラドリッパー&フィルターがセット。組み立て式ドリッパーは先着限定特典のようです。

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

左から、ケニア キアンドゥ、パプアニューギニア クルム、エチオピア ラロ。

袋に書かれた記述が本格的ですね。
パッケージもサードウェーブ系コーヒー店のテイスト。
厚みの薄い袋です。


私はエチオピア産とケニア産の豆はよく購入するんですが、
「ラロ」「キアンドゥ」の種類は初めて。
パプアニューギニア クルムに至っては、
「クルム」どころかパプアニューギニア産自体たぶん飲んだことないです。


さらにエチオピア産の豆の記述を見るとProcess(過程)に、
「Natural(ナチュラル)」とあるじゃないですか!
豆を指定できない、いわばコーヒー初心者向けの3種類の中にナチュラルを含めるセンスとは 笑


クセありますからねえ、洗わずに天日干ししたナチュラル精製の豆って。
どの国が原産でもパンチが効いてて、香りですぐわかる独特な臭み(表現悪いかな…)。
実は今回も、袋を開けたときに「お?」と思って表示を読んで気づきました。


ただですね、否定してるんじゃなく、面白い味なんですナチュラルは。
自分定番にはならないイレギュラー組ですけど、家にあると変化つけたいときに飲んじゃいます。
その楽しみが家に届くのはイイですねえ。


量は一袋で3杯分(×3袋=合計135g)とのことですが、私の淹れ方だと一袋で200mLを4回OKでした。
ほら、「コーヒー1杯分」って、実感わかないですよね。
店によって大きなカップもあれば、超小さいのもありますから。
スタバのレギュラーならかなりの量ですし。
ネットで調べたら、コンビニコーヒーが一杯分相当って学びましたけど(豆10g)。
こうした表記は業界全体で見直してほしーぞ。
(と、ちょっと文句)

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

セットでついてた組み立て式ドリッパー。

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

豆も挽いた状態で送ってもらえますし、家やオフィスでの準備は最小限で済みそう。

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

好みの豆をPOST COFFEEが探すための、ウエブサイト上のアンケートはこんな感じ。10の質問項目の前半が毎回変わる凝ったつくりで、コーヒー自体の問いが少ないのが特徴。

月イチで3タイプ届くコーヒー豆のチョイスが、マニアックで面白すぎる「POST COFFEE」

私が3回やった答えは……すべてこの結果に!

ええ、実はアンケート結果がこうなるように計算して答えましたよ。
浅煎り好みなので、それに導くように各質問を回答。
勘が当たりましたね!


それでは結論として、月イチ ¥1,480〜(税抜)のPOST COFFEEはアリはナシか……


アリ。
値段は相場。
ちょこちょこ味わえ、店で豆を買う手間もいらない。


味しっかりしてますし、焙煎も新鮮。
シングルオリジン豆だと一般に200gで ¥1,600〜1,800くらいするので、ほぼ同じか少し高め?
少量でいろんな種類を飲めて飽きないのはかなり良いです。



店に行っても豆のウンチク聞くの面倒だし、味わかんないし、失敗がイヤで購入意欲失せること多くないですか?
試飲できない店が大半ですからねー。
私の行きつけの店は全6種類ほどの小規模店ですが、
試飲コーナーがあって自由に試せるんですよねー。
(人が増えるとヤだから店名は教えないっ。 ←子供か)
どの店も試飲可にすれば、売上げがアップすると思うんですけども。


オプションでドリップパックも用意してるPOST COFFEEにご興味ある人は、まずはサイトを見て詳細をお調べくださいませ。
「F&Q」欄をマストでチェック。

https://postcoffee.co/


契約フォームはありません。
初回の一ヶ月分を注文すると会員になったとみなされ、翌月も自動引き落とし(&自動配送)されるようです。
解約したいときはメールで問い合わせ、返信を待って解約フォームのページアドレスを教えてもらう必要あり。
ご注文は、こうした申込みシステムをしっかりご理解した上で!


写真 © 高橋一史

※この記事を紹介する目的以外の、まとめサイト、SNS、ブログなどへの写真の無断転載はご遠慮をお願いいたします。


from Creators記事一覧
www.pen-online.jp/creator

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。