スウォッチのスクエア型人気コレクションに、華やかなパステルカラーが登場!

  • 文:Pen編集部

Share:

昨夏に登場し、スクエア型ケースの新鮮さから瞬く間に人気となったスウォッチの「BIOCERAMIC WHAT IF?」。新しい季節の到来を告げるタイミングで、春気分を盛り上がるパステルカラーがコレクションに加わった。

sc01_24_what-if_still _life.jpg
バイオセラミック ワット イフ?/スクエアトケースの目を引くデザインに、4つのパステルカラーモデルが加わった。クオーツ、バイオセラミックケース、ケースサイズ33×33mm、バイオ由来のラバーストラップ、2気圧防水。各¥15,950

「BIOCERAMIC WHAT IF?」は、「もしも初代スウォッチのフォルムがラウンドではなくスクエアだったら?」という遊び心あふれるアイデアからつくられたコレクション。創業した1982年以降のスクエアウォッチのプロトタイプを参考にデザインされた。

昨年発表されたモデルはブラックやベージュなど、ベーシックなカラーが中心のラインアップだったが、今回はミント、スカイブルー、レモン、ローズの華やかな4色が登場。世界観のバリエーションが一気に広がった。

sc01_24_what_if_still_life  (2).jpg
爽やかさと新鮮さを感じるミントカラー。スクエア型の文字盤には暗闇で光るシルバーカラーの針、3時位置にはデイデイト表示窓を備える。バイオ由来素材のストラップに加え、バックルの素材もバイオセラミックで統一した。
sc01_24_what_if_still_life  (4).jpg
爽快なスカイブルー。ホワイトプリントのインデックスがサイドから見られるエッジ・トゥ・エッジのバイオ由来素材の風防も特徴。

このコレクションは、スウォッチの革新的なバイオセラミック素材をもとに開発された。高級時計に使用するセラミック粉末とヒマシ油を原料にしたバイオ由来の素材をブレンドすることで、高い強度と耐久性を実現。だからこそ、独特なスクエアタイプのデザインが生み出せたという。その上、ソフトな手触りなのでストラップの付け心地も良好だ。

4 つの各モデルはそれぞれ文字盤のデザインが微妙に異なるため、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶのも楽しみ方のひとつ。新たなシーズンに向けて、手元に遊び心を添えてみるのはいかが?

sc01_24_what_if_still_life  (3).jpg
スクエアシェイプと相性の良いレモンカラー。裏側のバッテリーカバーのプリントにはこの時計の表側が描かれている。
sc01_24_what_if_still_life  (1).jpgスタイリッシュなローズカラー。4色揃えて、パートナーと色違いでシェアするのも楽しい。

スウォッチ コール

TEL:0570-004-007 
www.swatch.com