オメガが「ムーンスウォッチ」特別セットをササビーズに出品、収益は眼科医療支援へ寄付

  • 文:Pen編集部

Share:

昨年登場し、瞬く間に入手困難となったオメガとスウォッチのコラボレーションモデル「ミッション トゥ ムーンシャイン ゴールド」。オメガは、その11作品が全て揃った特別なセットをサザビーズのオークションに出品。収益を、眼科医療に特化した国際NPO「オービス インターナショナル」へ全額寄付する。

オークションに先駆けて、実物がオメガブティック銀座本店に2月11日まで展示中だ。 

IMG_7551.JPG
全11モデルの「ミッション トゥ ムーンシャイン ゴールド」が揃った本作。ムーンシャインゴールドという、オメガが独自開発したイエローゴールドでコーティングされたクロノグラフ秒針が特徴だ。

オメガとスウォッチによる「ムーンスウォッチ コレクション」は、2022年に第一弾が発表。バイオセラミックでつくられたカラフルなモデルは、宇宙と惑星からインスピレーションを受け、伝説的な「オメガ スピードマスター」のデザインも踏襲した人気モデルだ。 

そして2023年には“Mission to Moonshine Gold(ミッション トゥ ムーン シャイン ゴールド)”バージョンが誕生。3月〜12月にわたる毎月の満月の日に発売された全11モデルが大きな話題となったのは記憶に新しい。今回、そのすべてが特別なスーツケースに収められ勢ぞろいした。

IMG_7552.JPG
2023年シリーズ最初の3月モデル。秒針は2月の満月の日に製造されたものを使用。
IMG_7553.JPG
“Mission to Moonshine Gold(ミッション トゥ ムーン シャイン ゴールド)”には、モデルごとに特別なディテールが施されている。5月の満月、フラワームーンにつくられた秒針にはフラワーパターンがあしらわれている。
IMG_7554.JPG
8月の2回目の満月に発売されたモデルは、ブルームーンを模したカラーリングに。

この「ムーンスウォッチ ムーンシャイン ゴールド スーツケース」は、チューリッヒ、東京、バンコク、シンガポール、香港、北京、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ、シドニーの11都市にあるオメガブティックで展示。東京では2月11日まで、オメガブティック銀座本店にて間近で実物を見ることができる。

その後商品はサザビーズに出品され、収益はオメガがサポートしている「オービス インターナショナル」に全額寄付される予定だ。

 

IMG_7556.JPG
時計には、スーツケースが展示される各都市の空港コードが刻印されている。東京は羽田空港の「HND」。

「オービス インターナショナル」とは、発展途上国における失明の予防や眼下疾患の治療を重点に置くなど、眼科医療に特化した国際NPO。2011年から始まったオメガの活動支援には、ダニエル・クレイグやシンディ・クロフォードなど多くのブランドアンバサダーが賛同し、眼科治療を世に広める広報活動に参加してきた。また昨年には、オービスが運営する、世界で唯一医療認可を保持する航空機「空飛ぶ眼科病院(Flying Eye Hospital)」が日本に初上陸している。

 

orbis.jpeg
昨年、関西国際空港に降り立った「空飛ぶ眼科病院(Flying Eye Hospital)」。世界中の僻地へ赴き眼科医療を提供するほか、現地の医療従事者や研修医への育成・指導・啓発を行なうためにつくられた。
orbis2.jpeg
機内には、白内障手術から再建手術まで、高度な治療が実践できる「手術室」も。

オークションは、世界中からオンラインでSothebys.comにアクセスして参加可能。入札期間は2月12日から次の満月である2月24日まで。

希少な同モデルがセットになることも、それをスーツケースとともに販売するのも初めての今回。果たしていくらで落札されるのだろうか。この取り組みが大きな興奮とともに、世界中の目の治療に寄与することを願う。

オメガ

TEL:0570-000087