青いプレートは幸せの記憶?ダイアナ妃旧宅に「ブループラーク」が設置

  • 文:宮田華子

Share:

  • Line

LONDON ロンドン 
イギリス

TKS-2-GettyImages-1344047517.jpg
photo by Getty Images

ロンドンで、建物の外壁に貼られた青いプレートを見たことがないだろうか。これはイングリッシュ・ヘリテージという組織が著名人の旧居を記念して設置する「ブループラーク」と呼ばれるもの。2021年9月29日、故ダイアナ妃が独身時代に住んでいたケンジントン地区のアパート(写真上)にプラークが掲げられた。

1979年、当時18歳だったダイアナ妃の名義でこの家は購入されている。友人3人と1年半暮らし、のちに「この時代が最も幸せだった」と回想した場所。高級住宅街に10代で家を持てることに驚くが、ゴシップ続きの英王室には久々の前向きなニュース。ロイヤルファミリーファンの巡礼地になるだろう。

関連記事

青いプレートは幸せの記憶?ダイアナ妃旧宅に「ブループラーク」が設置

  • 文:宮田華子

Share:

  • Line

Hot Keywords