人気の裏メニュー、中華料理店のカレーを食べるならこの3軒!

  • 写真:谷口憲児
  • 文:高野智宏

Share:

  • Line

昔からひそかに人気、でもあくまで裏メニュー的存在だった、中華料理店のカレー。どこか懐かしい味わいは、スープのなせるワザだった!

1. 珉珉/赤坂

DMA-1-AL8I0014.jpg
「茄子咖哩丼」。素揚げすることにより型崩れせずふっくらとした食感を保った具材に、中華スープベースのルーが絡む。重層的な味わいを楽しめる。

大きめにカットされたナスとピーマン、そして鶏のササミが存在感を示す「茄子咖哩丼」は「珉珉」の人気メニューだ。始まりは、「単品の茄子咖哩を、丼で食べたいという常連さんからの要望です」と、2代目店主の清水浩さんは語る。

とろみのあるルーは、中華スープのコクに次いでカレーの風味と軽やかな刺激を舌に与え、素揚げされた具材は確かな食感とその風味を主張する。単品よりも濃い目にするという味つけも、ライスとの相性のよさはこの上ない。

なかには炒飯にカレーをかける強者も。見習うべき組み合わせではないか。

珉珉

住所:東京都港区赤坂8-7-4 
TEL:03-3408-4805
※店舗情報が変更となる場合があります。事前に確認をお薦めします。

---fadeinPager---

2. 龍公亭/神楽坂

DMA-3-龍公亭AL8I0190.jpg
「カレーライス」。見た目は中華丼にして味は上品な風味をもつカレーと、まかない発祥らしい合わせ技が生んだ逸品。(夜の単品オーダーは不可)

創業は明治22(1889)年、日本屈指の老舗広東料理店。ここでは、中華丼とおぼしきルックスながら、その名もストレートな「カレーライス」を食べてほしい。

「当初はまかないでしたが、お客様の要望でお出しするうちに、いつしか正式なメニューになっていました」。4代目主人、飯田竜一さんの妻でありフロアを取り仕切る花さんはそう話す。

中華丼でお馴染みの具材と穏やかな味わいのルーが、実に好相性。またそれ以上に、油通しや隠し包丁など、食材に施されたていねいな仕事が、本品を唯一無二のカレーライスへと押し上げている。

龍公亭

住所:東京都新宿区神楽坂3-5 
TEL:03-3260-4848
※店舗情報が変更となる場合があります。事前に確認をお薦めします。

---fadeinPager---

3. 新世界菜館/神保町

DMA-4-新世界AL8I0169.jpg
「中華風カレー」。これをベースに、「豚角煮カレー」「排骨カレー」(各¥1,290)や「カツカレー」などトッピングカレーも充実する。

野菜の甘みをふんだんに引き出した定番の味わいにして、さらなる奥行きを感じさせる。それが「新世界菜館」の「中華風カレー」だ。「風味づけの隠し味に紹興酒を使っています。また、途中で温泉卵を割ると、よりまろやかな味わいになります」と、専務取締役兼支配人の傅良平(ふう・りょうへい)さんは言う。

野菜の水分と鶏ガラスープだけで仕立てられたルーは、旨味の余韻が長く、片栗粉のとろみも優しいどこか懐かしい味わいだ。カレーの街・神保町にして舌の肥えた大人が通う、老舗上海料理店の自慢の定番カレーである。

新世界菜館

住所:東京都千代田区神田神保町2-2 新世界ビル 
TEL:03-3261-4957
※店舗情報が変更となる場合があります。事前に確認をお薦めします。

関連記事

※この記事はPen 2017年8/15号「365日カレー天国。」特集より再編集した記事です。

Hot Keywords