インスタレーションから生まれた、彫刻的な椅子。
Vol.62
インスタレーションから生まれた、彫刻的な椅子。
トム バック

ロン・アラッド

文:竹内優介(Laboratoryy) 編集:山田泰巨

人目を惹く造形の「トム バック」は、もともとインスタレーション作品を構成する一要素としてデザインされた椅子でした。ロン・アラッドの作家性を象徴する独創的なフォルムと実用性が巧みに融合し、アートとデザインの境界を超えた存在となっています。

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
インスタレーションから生まれた、彫刻的な椅子。