太っちょな椅子は、彫刻的でユーモラス
Vol.55
太っちょな椅子は、彫刻的でユーモラス
ローリーポーリー

フェイ・トゥーグッド

文:佐藤早苗 編集:山田泰巨

「ローリーポーリー」とは、英語で「丸々した」「ずんぐりした」という意味。ロンドンを拠点に活躍するフェイ・トゥーグッドがデザインしたこの椅子は、名の通りどっしりした脚にボウルのようなシートをもち、一度見たら忘れられない愛嬌のあるフォルムです。

プリミティブな曲線を描くユニークな椅子は、ペットのように愛らしい存在感を放ちます。身体を包み込むシートは低めで、座るといつもと違う目線になるのも新鮮。サイズはW830✕D570✕H630✕SH320mm。

大学で美術史を学び、インテリア誌『The World of Interiors』の編集者を経て独立したフェイ・トゥーグッド。デザイナーとしてやや異色のキャリアをもつ彼女は、その審美眼でショップの空間デザインやインスタレーション、ファッションも手がけています。その彫刻的なフォルムの家具は、プロダクトというよりもオブジェクトと言ったほうがしっくりくるかもしれません。

彼女は自身のコレクションラインを「アッサンブラージュ」と名付け、どれも素材と手法を探求しながら制作を行っています。この「ローリーポーリー」も、もともと2014年に「アッサンブラージュ no.4」としてミラノのギャラリーで発表されました。トゥーグッドのコレクションラインは、アルミやグラスファイバーといった素材を使い、職人が一つひとつ手づくりするため、受注生産が中心です。

現在も「ローリーポーリー」はリミテッドエディションの発表を続けており、それらは手工芸品に近く、とても高額です。それを2018年にイタリアのドリアデがポリエチレンで製品化したことによって、手の届く価格帯のラインアップが加わりました。「ローリーポーリー」ならではのコロンとした愛らしいフォルムはそのままに、カラーバリエーションが増えて、より多彩な表情を見せています。

ポリエチレン製なのでインドアはもちろん、アウトドアでも使えます。1人がけの他にベンチタイプも。2シーターのサイズはW1750×D620×H630×SH320mm。

カラーバリエーションは、手前からコンクリート、フレッシュ、オークル、レンガ、ピート、チャコールの6種類。

太っちょな椅子は、彫刻的でユーモラス

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。