クッションとスチールの、しなやかな座り心地。
Vol.54
クッションとスチールの、しなやかな座り心地。
ソフソフ

エンツォ・マーリ

文:竹内優介(Laboratoryy) 編集:山田泰巨

1972年にエンツォ・マーリがデザインした「ソフソフ」は、シャープな脚部とボリュームあるクッションが特徴的です。スチールロッドのグラフィカルなフレームが織りなす美しさは、彼の哲学に基づく理論的なアプローチから生まれました。

機能性から導き出されたデザインはグラフィカルで印象的であり、キネティックアートにも取り組んでいた面影が感じられます。サイズはW460×D570×H900×SH500mm。

イタリア・ミラノのブレラ美術アカデミーで視覚心理学などを学んだエンツォ・マーリは卒業後、ブルーノ・ムナーリの紹介でミラノの日用品店「ダネーゼ」の仕事を始めます。そこでマーリは彼らしい造形美をもった、グラフィックやプロダクト、子ども向けのゲームなど幅広い製品を発表します。「ダネーゼ」が大きな存在感をもつとともに、マーリもまたイタリアのデザインシーンにおける重要な存在となっていきます。当時から普遍的な美しさこそデザインのあるべき姿であると発言していたマーリは、デザインが社会に与える影響を常に訴え続けました。

そのように表層的なデザインを嫌ったマーリが手がけた椅子「ソフソフ」は、座ることで素晴らしさをより実感することができます。直径6mmのスチールロッドを用いた9つの四角形で構成されるフレームは、座って背もたれに寄りかかると自重でしなり、弾力のあるクッションと相まって快適な座り心地を生み出します。緻密な考察に基づいて導き出された、必然性から生まれるデザインがマーリの作品の美しさを特徴づけています。

線状にデザインされた華奢なスチールの脚は黒鉛のグレーで塗装。ウレタンで成型されたふくよかなクッションの座面はもっちりとした弾力のある座り心地が特徴的。カバーは交換可能です。

クッションとスチールの、しなやかな座り心地。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。