21世紀にふさわしい新たなエレガンス、「CODE 11.59 バイ オ...
PROMOTION

21世紀にふさわしい新たなエレガンス、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」に注目

文:笠木恵司

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の組立てが完成する直前。波形に光を反射するダブルカーブのサファイアクリスタル風防と、そのベゼルに注意深く溶接された中空のラグという特殊な構造がよくわかる。

2019年に発表されたオーデマ ピゲの新コレクション「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」が高い人気を背景に快進撃を続けている。バリエーションがますます多彩になるだけでなく、ストラップも充実。腕元をより個性的に演出できるようになった。

ダイヤルの顔つきはオーソドックスだが、少し傾けるだけで独創的なサイドビューが目を惹く。立体物である腕時計は、真正面だけでなく、手首に巻いてやや斜めから見た状態が最も美しく見えるようにデザインされているが、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」は最新の高度な工業技術を惜しみなく導入することで、21世紀にふさわしい新たなエレガンスを創造したと評しても決して過言ではないはずだ。

1993年の「ロイヤル オーク オフショア」からおよそ四半世紀ぶり。まさに"満を持して"という言葉を体現するかのように2019年に発表された新コレクションは、ネーミングから異色だった。伝統と革新の調和を意味する4つのワード(Challenge: 挑戦 Own: 継承 Dare: 追求心 Evolve: 進化)を「CODE」として集約。「11.59」とは、新たな1日が始まるまであと1分の高揚感と期待が込められている。最後にブランド名を加えたのは、当時でも144年の伝統を誇る老舗マニュファクチュール自身が、このコレクションによって「新たな1日」を迎えるというメッセージではないだろうか。

いずれにしても、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の際立った特徴は、軽快でモダンな印象を与える革新的なケースにある。ベルトとの接合部であるラグは大胆な中空構造になっており、上部は極薄のベゼルに注意深く溶接されている。その一方で、下部はメンテナンス時などに着脱できるよう裏蓋に薄紙1枚程度の隙間で密着。これだけでも最先端の技術力がなければ不可能だったという。8角形のミドルケースもサイドビューを印象的にしているが、こうしたハイレベルな基本構造が多彩なバラエティを生み出すベースになっている。また、ダブルカーブとも呼ばれるサファイアクリスタルの風防も宝飾品のような煌めきを感じさせる。

1 / 3p
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.2 左官職人・久住有生が語る、落ち着いた大人の街「白金」の魅力