新生活を一緒に始めたい、アンダー1万円の美的ボールペン5選。

新生活を一緒に始めたい、アンダー1万円の美的ボールペン5選。

写真:大志摩 徹 セレクト&スタイリング:今吉高志

始まりの季節には、やはり筆記具を新調したい。ひと口に筆記具と言っても万年筆やシャープペンとさまざまあるが、日常で使う機会が最も多いのは、ボールペンだろう。

手にするだけで少し改まった気持ちになる真鍮のペンや、持ち主の格も上げてくれそうな機能美あふれるペン……。今回は、アンダー1万円で手に入る、見た目も書き心地もワクワクするようなボールペンを紹介する。


1. ネジで芯を調整する、ユニークなデザイン

2. 万年筆のような重厚さをもつ、真鍮ボールペン

3. 特別な時間に使いたい、メイド・イン・台湾モノ

4. 多彩な万年筆用インクが、カジュアルに使える。

5. ラミーの2020年限定カラーは、目にも鮮やかなトルマリン!

1 / 6p
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。
Feature Product 伝統と革新が導いた次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」に日本限定モデルが登場。