20年目の超絶複雑機構と、未来が見えるチタンの先進モデル
両天秤の腕時計
文:並木浩一 写真:宇田川 淳

20年目の超絶複雑機構と、未来が見えるチタンの先進モデル

48

F.P.JOURNE
F.P.ジュルヌ

「クロノメーター・レゾナンス」は、F.P.ジュルヌが打ち立てた腕時計史上の金字塔だ。いまから20年前に颯爽と登場して専門家たちを唖然とさせたその腕時計にはバランスホイールが2つあり、それぞれが独立して動いている。つながってもいない2つのホイールは連動して逆方向にシンクロして動き、ズレが生じると...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
20年目の超絶複雑機構と、未来が見えるチタンの先進モデル