2500円以下の個性派から熟成10年の本格派まで、“日本のスパークリン...

2500円以下の個性派から熟成10年の本格派まで、“日本のスパークリングワイン”に注目せよ。

写真:青野 豊 文:鹿取みゆき

個性で勝負する銘柄から世界を舞台に戦えるクオリティまで。日本のスパークリングワインは、着々と実力をつけている。価格帯別に、注目の12本をピックアップした。日本で造られるスパークリングワインには、大きく次のタイプがある。1.ワインにガスを注入して発泡性にする「ガス注入タイプ」、2.発酵途中の糖分...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
2500円以下の個性派から熟成10年の本格派まで、“日本のスパークリン...