2500円以下の個性派から熟成10年の本格派まで、“日本のスパークリン...

2500円以下の個性派から熟成10年の本格派まで、“日本のスパークリングワイン”に注目せよ。

写真:青野 豊 文:鹿取みゆき

個性で勝負する銘柄から世界を舞台に戦えるクオリティまで。日本のスパークリングワインは、着々と実力をつけている。価格帯別に、注目の12本をピックアップした。

日本で造られるスパークリングワインには、大きく次のタイプがある。1.ワインにガスを注入して発泡性にする「ガス注入タイプ」、2.発酵途中の糖分が残った状態で瓶詰めして、引き続き瓶の中で発酵させて微発泡にする「瓶内一次発酵タイプ(メトード・アンセストラル)」、3.密閉タンクの中で発酵させることで発泡性にする「シャルマ方式」、4.一度発酵が終了したワインを瓶の中で再度発酵させる瓶内二次発酵タイプ(メトード・トラディショナル)。この手法はフランスのシャンパーニュ地方で行われるものと同じで、1.に比べると4.の方が手間も時間もかかり、価格も高くなる。


品種や製法、味わいなどバリエーションが豊富。アンダー2,500円で買える6本。

まずは多様化が著しい2500円以下のスパークリングワイン。今回取り上げた6本も品種や製法、味わいなどバリエーションが豊富。色についても白に加えて、ロゼ、赤、さらには薄にごりタイプまで多彩だ。ご紹介したワインは、瓶内一次発酵とガス注入タイプ。前者のタイプは、野生酵母のナチュラルワインも多い。一方、原料に使われるブドウはデラウェア、ナイアガラ、巨峰など、生食用のアメリカ系のブドウや交雑品種が多いが、いずれもコストパフォーマンスは抜群。普段づかいができるオススメのワインばかりだ。


陰干しした巨峰が、特別な果実感に。

「ペティアン・ナチュール・ロゼ」750ml ¥1,870(税込)/ドメーヌ ナカジマ【長野県】 TEL:0268-64-5799

色合いは、ややくもりのある薄茜色。レーズンの香り、泡立ちはかなり弱めで、舌先にピリッと感じる程度だ。豊かな旨味と熟れた果実感、そして酸とほんのわずかな苦味のバランスが絶妙に口の中で広がる。のど越しで感じる果実のニュアンスが魅力的。東御市の名産の巨峰を2週間から1カ月間陰干ししてからワインに仕込んでいる。瓶内一次発酵タイプ。


のどの渇きを癒す、キュートな甘酸っぱさ。

「ソレイユ・ルバン ロザート フリツァンテ 2016」750ml ¥1,980(税込)/JA庄内たがわ月山ワイン 山ぶどう研究所【山形県】 TEL:0235-53-2789

穏やかな泡で、透明感のあるルビー色が美しいロゼ。ブルーベリーヨーグルトとカシスのような香りが溶け合う。口に含むとボリューム感のある果実味が豊かな酸とバランスしていて、キュートな味わい。ヤマソービニオンはヤマブドウとカベルネ・ソーヴィニヨンの交配種。日本版キールロワイヤルのようだ。ガス注入タイプ。


冷涼な気候から生まれる、創立以来、人気の味。

「ナイヤガラナチュラル スパークリング アンセストラル 2019」750ml ¥1,980(税込)/さっぽろ藤野ワイナリー【北海道】 TEL:011-593-8700

キャンディやマスカットのような香りがとても豊か。香りの印象に反して味わいはドライで酸に下支えされた果実味が小気味よい。キリッと爽快。あと口にほのかに苦味が残って味わいを引き締める。2009年、ワイナリーの設立当初からつくり続けられている銘柄。ミュラー・トゥルガウとケルナーでつくられたスパークリングもお薦め。瓶内一次発酵タイプ。


真夏の暑さを吹き飛ばす、クリーンさとフレッシュさ。

「ミュゼドゥヴァン oasis スパークリング」750ml ¥1,980(税込)/アルプス【長野県】 TEL: 0263-52-1150

少し香ばしい香り、熟した桃のような香りに加えて、爽やかな青草の香りが立ち上ってくる。味わいではライムを思わせるわずかなほろ苦さが実に心地よい。夏の暑さを吹き飛ばしてくれるような爽快さ。oasisシリーズは手頃な価格で楽しめるミュゼ・ド・ヴァンのスパークリング版。ユニークな品種構成。ガス注入タイプ。


ランブルスコをイメージした、中甘口のすっきり味。

「キャンブルスコ レッド」750ml ¥2,090(税込)/都農ワイン【宮崎県】 TEL:0983-25-5501

少し濃い目のルビー色。燻したようなスパイシーな香りとカシスフルーツの香り。泡立ちは穏やか。ほのかな甘さとともにアセロラのような香りが広がってくる。中甘口だが、微かな渋みがアクセント与えておりあと口はすっきりと切れる。スパイシーな料理とも。イタリアのランブルスコという酒をイメージしてつくられた。ガス注入タイプ。


パイナップル香が特徴の、薄にごり微発泡。

「縁 Delaware 2019 白」750ml ¥2,200(税込)/ヒトミワイナリー【滋賀県】 TEL: 0748-27-1707

パイナップルを思わせる甘い香りとパンのような香りから、しだいに花のような香りが立ち上る。たっぷりとした果実味とほろ苦さのハーモニーが抜群で親しみやすい味。あと口にほのかな甘さと苦味が残るがスッキリとした切れ味だ。滋賀のヒトミワイナリーは「にごりワイン」に注力。スパークリングにもその姿勢は表れる。瓶内一次発酵タイプ。

1 / 2p
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー