これぞホテル滞在の醍醐味! ルームサービスを味わい尽くす。

これぞホテル滞在の醍醐味! ルームサービスを味わい尽くす。

写真:安達紗希子(CROSSOVER) 編集&文:小松めぐみ

 一流ホテルの味を、人目を気にせず心ゆくまで満喫できるルームサービス。絶対に外せない名物から朝・昼・夕・夜食まで、気になるメニューをセレクトしました。

<名物>

気がねなく、誕生にまつわる逸話も噛みしめて。──帝国ホテル 東京

「帝国ホテルオリジナル シャリアピンステーキ」¥7,730/税込

「アフタヌーンティー」¥3,740/税込

1934(昭和9)年に来日した際、歯痛に悩んでいたロシア人声楽家シャリアピンのために帝国ホテルが考案したのが、シャリアピンステーキ。叩いて薄くした牛ランプ肉をすりおろした玉ネギに漬け込み、やわらかくした。玉ネギの甘みと肉の旨味がたまらない。一方、好みの紅茶2種が選べるアフタヌーンティーのスコーンや端正なスイーツは、それぞれベーカリー部門やペストリー部門が手がける正統派。ラウンジで注文するには女性客の目が気になるという人は、自室で優雅な時間をお楽しみあれ。

東京都千代田区内幸町1-1-1
TEL:03-3504-1111
www.imperialhotel.co.jp


外国人の総支配人が考案した、“日本の味”──ザ・キャピトルホテル 東急

「ORIGAMI」の「排骨拉麺」¥3,289/税込

「カスタードプリン」¥1,644/税込

ジューシーな揚げたてのロースカツをのせた「排骨拉麺(パーコーメン)」は、旧・東京ヒルトンホテル時代に総支配人を務めた外国人が「日本で人気の料理を発信しよう」と発案して誕生した、伝統ある逸品。カツは衣のさっくりした食感が持続するよう、ルームサービスでは別皿で提供してもらうことも可。鶏と豚のガラからとったブイヨンのスープは、仕上げに高温の香味油を加えるため風味が増し、冷めにくくなるそう。デザートには、バニラの風味が豊かな硬焼きの「カスタードプリン」を。ルームサービス限定のスイーツだ。

東京都千代田区永田町 2-10-3
TEL:03-3503-0109
www.capitolhoteltokyu.com


誰もが知るナポリタンと、歴史の薫るデザート──ホテルニューグランド

「スパゲッティ ナポリタン」¥2,420/税込

「クープニューグランド」¥1,331/税込

このホテルの二代目総料理長が考案した「スパゲッティ ナポリタン」は、1日平均100食売れるという人気メニュー。自家製トマトソースと厚切りロースハム、玉ネギ、マッシュルームの旨味が渾然一体となり、もちっとしたスパゲッティに絡む名物だ。バターのリッチな香りもたまらない。食後には、「クープニューグランド」を。第二次世界大戦後の米軍進駐時代、米軍将校夫人を喜ばせようとつくられた品で、現在はルームサービス限定。とろりとしたチョコレートソースの下に、洋梨のコンポートとバニラアイスが潜む。

神奈川県横浜市中区山下町10番地
TEL:045-681-1841  
www.hotel-newgrand.co.jp


名店の技が光る天ダネに、大満足!──山の上ホテル

「てんぷらと和食 山の上」の「天丼」¥4,356/税込

カラリと揚がった天ぷらに関東風の甘辛いタレをかけた「天丼」は、昭和の文豪にも愛された、「てんぷらと和食 山の上」のランチタイムの名物。夕食時にはルームサービスでのみ、店舗と同じクオリティで提供されている。海老2尾とキス、伏見唐辛子、小海老のかき揚げがのった天丼はボリュームたっぷり。シジミの赤出汁とどうぞ。

東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3293-2311
www.yamanoue-hotel.co.jp


ふんわり優しい甘さで、目覚めから幸せに。──オークラ東京

「伝統のフレンチトースト」¥2,904/税込

1960年代から変わらぬレシピを守り続ける、「伝統のフレンチトースト」は新装後のホテルでも大人気の朝食メニュー。ふんわりとしたなめらかな食感は、フレンチトースト専用のきめ細かなパンを24時間アパレイユ(卵液)に浸し、澄ましバターで焼いてからオーブンで仕上げるがゆえ。ルームサービスでは季節の果物も付く。

東京都港区虎ノ門2-10-4
TEL:03-3582-0111
https://theokuratokyo.jp


1 / 5p
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ④ベンチュラ編
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ④ベンチュラ編