エッフェル塔で醸造された、100%パリ地方産のワインを...
PARIS パリ

エッフェル塔で醸造された、100%パリ地方産のワインをご存じですか?

文:髙田昌枝

エッフェル塔内でワインを醸造する様子。昨年10月、ヴェルサイユ平野から届いたメルロー種のブドウを仕込み、先ごろ醸造を終えた初のボトルが出荷された。

パリの中心、エッフェル塔で100%パリ地方産のワインがつくられていることをご存じだろうか?

地上からの高さ57メートル。パリの街を見下ろす絶景のフロアに昨年、ワインの醸造所が登場した。アドリアン・ペリシエ、ジュリアン・バンゲ、ジュリアン・ブリュスティのトリオが2015年に立ち上げた「ワイナリー・パリジエンヌ」によるプロジェクトだ。

フランス各地で収穫されたブドウを買い付け、パリの隣町モントルイユで醸造を行ってきた彼ら。17年には100%パリ地方産のワイン造りを目指し、ヴェルサイユ平野に葡萄畑を入手した。もともとパリ周辺のイルドフランス地方は、18世紀の終わりには45,000haもの葡萄畑を持つワインの産地だったそうで、彼らも標高140m、26haの畑で、シャルドネ、シュナン、ピノ・ノワールとメルローを栽培している。

昨年10月、ヴェルサイユの葡萄畑から運び込まれたメルロー種のブドウは1年の醸造期間を終え、先日瓶詰めが終わったばかり。100%メルローのオーガニックワイン「Chai de la Tour Eiffel」2019として、300本限定で販売を開始した。インターネット販売のほか、パリの高級食材デパート「プランタン・デュ・グー」でも入手できる。エッフェル塔では現在、この秋に収穫されたブドウの醸造が始まっているという。


関連記事:プランタンの自信作、天空のおいしいマルシェ「プランタン・デュ・グー」

関連記事:“フレンチ・モード”を体現したルノー ルーテシアで行く、パリ近郊・名建築ツアー

エッフェル塔内のワイナリー。作業のない日はひっそり静か。エッフェル塔見学者なら自由に立ち寄れる。

「Chai de la Tour Eiffel」2019。限定300本、コフレ入りで80ユーロ。ウェブサイトではヴェルサイユ平野、ダヴロン村の葡萄畑見学も提案している。

Domaine la Bouche du Roi / Chai de la Tour Eiffel

1er étage de la Tour Eiffel, 75007 Paris, France
TEL:01-82-30-35-75
※料金、時間はエッフェル塔の見学に準ずる
https://la-bouche-du-roi.com

エッフェル塔で醸造された、100%パリ地方産のワインを...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。