喉の調子を保つために、 古くて新しい“養生系食品”の人...
BEIJING 北京

喉の調子を保つために、 古くて新しい“養生系食品”の人気が上昇中。【コロナと闘う世界の都市から】

文:原口純子

ショップの店頭にはさまざまな養生食品が並ぶ。今年はより使いやすく、洒落たパッケージのものが目立つ。

新型コロナウイルスの新規感染者ゼロという状態がすでに3週間を超えた北京(8月31日現在)。街の緊張感もだいぶ緩み、観光地や商業施設も賑わい始めた。とはいえ、北京の秋は気温が下がり、乾燥もひどくなって、喉の調子を崩しやすくなる季節。その対策に昔からさまざまな飲食物が伝えられているが、今年はより使...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
喉の調子を保つために、 古くて新しい“養生系食品”の人...