「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹...
PROMOTION

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

文:Pen編集部

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

竹のササート(右)と、竹団子 白餡ショコラとともに(左)。意外なメニューにゲストから驚きと感嘆の声が上がっていた。

2019年9月某日、東京都現代美術館でデリ食堂「LIFULL Table」がプロデュースするイベント「地球料理-Earth Cuisine-」の第2弾、「BAMBOO SWEETS―竹害から生まれた和菓子―」が開催された。近年、特に問題となっている「放置⽵林」の⽵を和菓⼦の材料として活⽤することで、管理された⽵林に戻し、⽵害を減らしていくという試みが提案された。

国内外で活躍している元「SUGALABO」の薬師神 陸シェフは、モヒート風な爽やかな飲み物「竹のササート」や「竹香るフィナンシェ」などを考案。和菓子作家の坂本紫穂氏は、竹炭で作った漆黒の黒羊羹に竹砂糖を添えたみずみずしい「黒羊羹 竹砂糖添え」など斬新な竹スイーツを生み出した。

「BAMBOO SWEETS―竹害から生まれた和菓子―」のスイーツは、デリ食堂「LIFULL Table」にて10月28日(月)から10日間限定で販売される。食の力で世の中の問題を解決する、新たな試みにぜひ注目してほしい。

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

ゲストは入口に掲げられた暖簾をくぐり、イベント会場へと導かれた。

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

会場には今回のテーマである「竹」が設けられ、爽やかな風が流れた。

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

薬師神 陸シェフ(右)のもと、手際よく竹スイーツが仕上げられる。

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

今回のスイーツについて、ゲストからの質問に答える和菓子作家の坂本紫穗氏(右)。

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹スイーツとは。

青竹の落雁(右)と、竹水に和三盆で甘みをつけた爽やかな飲み物「竹しずく」(左)。

「LIFULL Table」
東京都千代田区麹町1-4-4 1F 
TEL:03-6774-1700
https://table.lifull.com/earthcuisine/bamboosweets/

「放置竹林」という問題に食の力で挑む、「LIFULL Table」の竹...