ファッションについて語るときに、あの人の語ること。【小木基史(Pogg...

ファッションについて語るときに、あの人の語ること。【小木基史(Poggy)編】

写真:杉田祐一 スタイリング:井藤成一 構成:海老原光宏 イラスト:face_oka

最新の洋服に身を包んだ人=お洒落な人だろうか? ファッションが自分を表現するためのものであるならば、なにを着るかはもちろん、考え方やこだわりも、人の数だけあっていい。世界を股にかけるスタイルアイコン、ファッション・ディレクターの小木基史(Poggy)さんに存分に語っていただきました。

ファッションについて語るときに、あの人の語ること。【小木基史(Poggy)編】

小木基史(Poggy)ファッション・ディレクター/ユナイテッドアローズ&サンズのディレクションなどを手がける。世界を股にかけるスタイルアイコン。

ハットに挑戦し続けて、僕の“顔”を手に入れた。


帽子はキャップ、ハンチングなどいろいろ被るのだが、ハットがいちばん好きだ。いまではハットにヒゲというスタイルが、僕のイメージになっている。ハットはクラシックでジェントルマンなイメージなので、僕みたいにカジュアルなファッションが多くても引き締まる感じがする。どこかドレステイストを残したい時に最適だ。毎日スケジュールに合わせてスタイリングをある程度考えていて、最終的に朝起きた時の気分や天気で決定し、それに合わせてハットをチョイスしている。被り続けてもうかれこれ10年くらいだろうか。僕は服に色を取り入れることが多いので、ベージュやグレーなど落ち着いた色のハットが好みだ。毎シーズン2~3個は買っている。

ハットってスタイリングがいちばん難しいアイテムだと思う。だから、挑戦している感じもある。だんだん着こなすポイントがわかってきて、クラウンは少し高め、ブリムは8~9㎝が自分に似合うと思っている。特に重要なのが全体のシルエットだ。たとえばジャケットに合わせる時、ショルダーがナチュラルだったり肩パッドが入っていたりするが、ハットのスタイルもそれに合う、合わないがあるのだ。顔には合っているけど、全体を見るとどこか変だったり。自分に似合う色やかたちをいろいろ被って探してきた。

ファッションについて語るときに、あの人の語ること。【小木基史(Poggy)編】

ところどころネズミにかじられたような穴がデザインのアクセントになった“チーズハット”。生地は固めのフェルトを使っているため型崩れしにくく、軽い被り心地。まるでアートピースのような存在感で、クラシックとカジュアルが交差する。ハット¥105,000(税抜)/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービスTEL:0120-00-1854)

1 / 2p