店づくりの流れが変わった? 南青山に急遽出現した、ルメ...
写真:鈴木奈保子

店づくりの流れが変わった? 南青山に急遽出現した、ルメールの新店舗に注目。

スクワット/ルメール
表参道
空き物件を活かした「スクワット」の店舗設計
シンプルな服が際立つ、廃材を再利用した什器
メンズとウイメンズのアイテムが一堂に揃う

「スクワット」と「ルメール」のコラボレーションにより生まれた「スクワット/ルメール」。写真の手前と奥を区切っていた壁が取り壊され、拡張されている。2021年3月まで営業予定。

店づくりに新たな動きが起きている。都内の空き物件をスケルトンのまま活かした空間に、単菅パイプや中古の家具が持ち込まれ、最小限の操作で一時的に“場”がつくり出されている。仕掛けているのは、設計・デザイン事務所「ダイケイ・ミルズ(DAIKEI MILLS)」とアートブック・ディストリビューター「トゥエルブブックス(twelvebooks)」の対話から生まれたプロジェクト「スクワット(SKWAT)」。表参道駅から根津美術館方面へ向かう御幸通り(フロムファースト通り)沿いにオープンした「スクワット/ルメール」も同プロジェクトの一環である。

什器には、100年ほど前に大阪で建てられた古民家の廃材を再利用。法隆寺の五重塔などに見られる、接着剤や釘を使わない伝統技法の木組みが用いられている。また、かつて存在していた店内中央の壁は壊され、左右の空間が一続きとなっているのも特徴的。このようなユニークな内装と、店内の洋服がしっくり馴染んでいるのは、スクワットとルメールの思想が根っこの部分で一致しているからだろう。

ルメールは、クリストフ・ルメールとサラ=リン・トランがクリエイティブディレクターを務めるファッションブランド。他ブランドとのコラボレーションでも話題を集めるルメールだが、ソーシャルメディアで映える服づくりとは距離を置き、シンプルで実用的ながら美しい洋服をつくり続けてきた。今回のコラボレーションは、急増する空き物件を有効活用するスクワットの活動に、資本主義社会への疑問を抱いてきたルメールが共感したことから生まれた。使える素材をうまく活かし、スピーディかつ柔軟に手がけられた店舗は時代を象徴している。そして店内に並ぶ2020年秋冬のメンズとウイメンズのコレクションアイテムは、トレンドに流されることなく、一貫して着る人の日常を考えてシルエットや着心地を追求したもの。既存のラグジュアリーの概念が崩れつつある昨今、この“場”を訪れ、服に袖を通し、新たな豊かさを感じてほしい。

1年以上空き物件となっていたビルをスクワットがまるごと刷新した。1階には今回紹介したショップ「スクワット/ルメール」が、2階にはアートブックストア「スクワット/トゥエルブブックス」が、地下1階には自由な時間を過ごせる室内公園「スクワット/パーク」がオープン。

築100年の古民家の廃材を、伝統技法の木組みを用いて再利用した什器。この淡い木材の色みはまさにルメールがイメージしていたものだった。

店内にはルメールの2020年秋冬のメンズとウイメンズのコレクションがずらりと並ぶ。左から、シューズ¥64,900(税込)、ブーツ¥96,000(税込)、コート¥201,300(税込)、コート¥171,600(税込)

ゆったりとエレガントな、ルメールらしいシルエットのセットアップ。コットン素材に加工が施され、独特な艶感を放つ。ジャケット¥126,500(税込)、パンツ¥100,100(税込)

店づくりの流れが変わった? 南青山に急遽出現した、ルメ...

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。