構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.23 初の直営店誕生で話題の「サイ」「オーラリー」で、ワザありスウェットアイテムを発見!

初の直営店誕生で話題の「サイ」「オーラリー」で、ワザありスウェットアイテムを発見!

Scye×LOOPWHEELER

ファッション通に支持される日本ブランドのラインアップには、たいていTシャツやスウェットシャツなどのデイリーアイテムが含まれています。気軽に着る日常着こそ手間をかけて仕立てる、そんな服づくりは日本人ならではの姿勢かもしれません。

今回取り上げるのは、人気のふたつのブランドが今季リリースした、こだわりのスウェット素材の服です。その2ブランドとは、ベテランの「サイ(Scye)」と、新進の「オーラリー(AURALEE)」。どちらも2017年秋に、初の直営店を誕生させ話題を呼びました。両者のスウェットアイテムには、真逆の素材感を狙った面白さがあります。サイはふわふわでやわらかく、オーラリーはハリがあって硬く。着心地やシルエットを追求したこれらのデザインの妙を見ていきましょう。

まずご紹介するのはサイで、商品名は「コーチブレザー」。その名の通り、コーチジャケットと、テーラードのブレザーとが融合したアウターです。コーチジャケットのディテールは、ラグラン袖、フロントのスナップボタン、両サイドの箱ポケット、裾のドローストラップなど。袖先はブルゾン風のリブ仕様で、手首にストレスなくフィットする軍モノのような2段階のテンションで編まれています。コーチジャケットはもともとスポーツウェアですからスウェット素材と相性がよく、さらにテーラード襟がついたことで、着た時に品性と落ち着きも感じられるようになっています。

1時間に1mしか編めない、ふわりとした「吊裏毛」が特徴のカット&ソーブランド「ループウィラー(LOOPWHEELER)」とのコラボで制作されたこのアウターは、着心地がカーディガンのようにやわらか。秋や春にパーカ代わりに着るもよし、冬はコートのインナーに着込むもよしの、着回し自在な一着です。

スウェット素材は「裏毛」とも呼ばれ、裏面がタオルのようなループ状のパイル地で、汗を吸い肌触りもいいのが特徴。このアウターは裾がヘリンボーンテープで補強され、本革タブ付きのドローストラップを内蔵。
コーチブレザー¥49,680(税込)/サイ(マスターピースショールーム TEL:03-5414-3385)