南青山に待望の直営店が誕生した、新大人服「オーラリー」。その店づくりに密着し、人気の秘密を探ります。

撮影・文・構成:高橋一史

上質な服が好きな大人の心をつかんで離さない「オーラリー」が、東京・南青山に直営店をオープン。施工から家具の設置の様子、店に並んだ2017-18年秋冬の服まで、このブランドのすべてに密着しました。

南青山に待望の直営店が誕生した、新大人服「オーラリー」。その店づくりに密着し、人気の秘密を探ります。

スタートして3年ほどのわずかな期間のうちに、ファッション好きの大人な男性を中心に評判が広がり、いまや日本で最も評価が高い次世代ブランドのひとつになった「オーラリー(AURALEE)」。私たちの日常の暮らしが、優しく穏やかになったいまの時代の気分と呼応する、「着たい」と思わせるシンプルで上質なコレクションです。古着と先端モードをミックスしたような作風で、使われている素材(生地)はこだわり抜いた最上級のものばかり。服を知る人こそよさを実感できる、通好みなブランドといえるでしょう。
これまでセレクトショップのみで展開されていたオーラリーが、2017年9月14日(木)に待望の直営店をオープンさせました。場所は東京都内の一等地である南青山です。この記事は、施工前から足を運び、店が出来上がるまでに密着したレポートです。店のスタッフが着こなす17-18年秋冬の注目の服紹介や、デザイナーへのインタビューなどもあわせ、現在のオーラリーの全貌をお届けします。