2019年を、【ファッション】のニュースで振り返ってみた。

2019年を、【ファッション】のニュースで振り返ってみた。

編纂・文:高橋一史

トップブランドのディレクター交代が相次ぎメンズモードが盛り上がった一方で、 “モードの帝王”と呼ばれたベテランデザイナーが他界し、悲報が世界中を駆け巡った2019年。東京の街ではアウトドアテイストの機能的なアイテムが流行し、大型の商業施設も次々に誕生、未来に向けた街の新開発が進んだ。ファッションとアートの融合も勢いを増した2019年を、Pen Onlineの【ファッション】ニュースから振り返ってみた。そこには2020年代を予感させるエッセンスが満載だ。


■旬のアイテム

街の流行で見逃せないのはアウトドア系のスタイルだ。スニーカーブームが象徴するスポーツトレンドが今年、ピークを迎えた。

LOEWE

スペインのラグジュアリーメゾン「ロエベ」から、定番的に展開するアウトドアライン「アイ/ロエベ/ネイチャー」が登場。贅沢な素材使いと手に届きやすい価格設定で注目を集めた。

“リアリティが追求されたこのラインは、もはやモードではありません。アクティブな生活を送る男性が好むワードローブに、目線が向けられているのです”

記事: 着る/知る Vol.50 さすがは「ロエベ」! 新登場したアウトドアラインには、本気のこだわりが満載です。


HERNO

また、防水・防風素材の雄、「ゴアテックス」が開発した、極薄で艶感のある新素材が人気に。上写真の「ヘルノ」をはじめ、様々なブランドに使われはじめている。

“ボディにしなやかな風合いのゴアテックスインフィニアム™ソフトラインドファブリクスを採用。袖を通してみると、まるで上質なレザーのように軽くて優しい着用感に驚かされます”

記事: 快適性を追求した新ブランド「ゴアテックス インフィニアム™プロダクト」の実力を、2つのアイテムで検証する。


AURALEE×TDS NEW BALANCE

野暮ったさが新鮮だったダッドシューズをはじめ、様々なスニーカーが街中の足元を席巻。人気ブランドのオーラリーがアレンジした高機能な一足は、記事のタイトル通りすぐに市場から姿を消した。

“なんとゴアテックスを搭載した、全天候型の防水仕様なのです”

 記事:CATCH the TREND/即完売なるか!? 「ニューバランス」✕「オーラリー」の防水スニーカーに大人も夢中です。


ORLEBAR BROWN✕007

男女ともに、カーキや茶のアースカラーが流行色になった。スポーツ素材ブームの対抗馬で、リネンのような天然素材も台頭。この素材を使ったサファリジャケットは20年春夏も人気を呼びそうだ。

“フロントに4個のボタン付きのポケットが配置されており、サファリジャケットのお手本とも言えるデザインです”

記事:大人の名品図鑑/稀代のプレイボーイ、ジェームズ・ボンドの女性たちを虜にするセクシーなスタイル/第4回 サファリジャケット


1 / 2p
Feature Culture この先も東京の変化を見届けたい――。モーリー・ロバートソンが案内する、「僕が暮らし、放浪した3つの街」。
Feature Culture この先も東京の変化を見届けたい――。モーリー・ロバートソンが案内する、「僕が暮らし、放浪した3つの街」。